前回のあらすじ

 

警察の取調室でタケミチはナオトから動画を見せられる。

 


スポンサーリンク


 

内容は衝撃的なものだった。

それは千冬が隠し撮りしたもの。

千堂敦に橘ヒナタをころすように命じたのはタケミチだった!

しかしそれは稀咲から言われてそうした。

それに、ターゲットがヒナとは知らなかった。

とは言え、ヒナさつがいを自分が指示したことには変わりない。

落ち込むタケミチ。

何度やり直しても結果が変わらない。

気力を失いそうなタケミチをナオトが励ます。

トーマンを変えられるのも、姉さんを救えるのも君だけなんです!!

最悪の世界を変えてください、タケミチ君!

 

 

ここから77話

 

 

取調室。

タケミチはナオトに話す。

今回のタイムリープでトーマンの壱番隊隊長になり、トーマンのトップに近づいた。

だから現代は少しは良くなっていると思っていた。

しかし結果はやっぱり同じ。

ヒナはころされていた。

その上、ヒナをころしたのは自分だった・・

 

ナオトは、推測だと前置きして話す。

稀咲はわざと君に姉さんをころさせたのではないか?

そもそもおかしい。


スポンサーリンク


こんなにタイムリープを繰り返しているのに、全部で姉さんはころされている。

偶然にしては続きすぎ。

「稀咲は明らかにタケミチ君と姉さんに執着している!」

 

タケミチは稀咲の言葉を思い出す。

それは稀咲がタケミチに銃口を向けて涙を流しながら言ったもの。

” じゃあな・・オレのヒーロー ”

 

ドンドンドン

 

外からノックされた。

ナオト
「色々対策を練りたいが、時間がありません。

タケミチ君はこれから留置所に移送されます。

この先君と会うのも難しくなる。

行くなら今しかありません!!」

 

ナオトは右手を差し出す。

 

ナオト
「君と稀咲鉄太。

二人に過去で何があったのか・・・

それが姉さんの ”し” の謎を解く鍵です!」

 

二人はがっちり握手!!

 

タケミチの心臓がドクンとなり、タイムリープ開始。

(千冬・・

一虎君・・・

ありがとう・・・

二人のおかげで敵が分かった。

元ブラックドラゴン

稀咲

この2つがマイキー君を狂わした。

こいつらをトーマンから追い出して

ヒナを

みんなを俺が救う!!)

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク