如月は犬童に

「君狙われてるよ。」

 


スポンサーリンク


 

平は1対1を望んでいて・・

犬童からボールを奪ってカウンターを狙っている。

というのが如月の読み。

 

如月
「どうする?」

犬童
「おかしい。

ゴリラだからもっとバナナに喰いつくと思ったんだが・・・

よし。

今度はリンゴにしてみよう。」

 

相変わらず腹のうちが読めない犬童・・・

 

平、犬童と直接勝負している風間は・・

平は攻撃は破格だったが守備はどこかおざなりに感じたという。

それが、ここまでの守備。

意識の違いなのか、夏から鍛え直してきたのか。

 

生方も驚いている。

まさか犬童を狙ってくるとは・・

監督
「桜高のサッカーはどうしても犬童にボールが集まるからな。」

犬童を抑えればチームの士気は上がる。

 

前半10分

青函は引いたまま。

桜高は何とか崩したい!!

 

如月がボールを持つ。

外から狙いを考える。

 

青函は常に守備位置を修正してくる。

 


(狙いはわかった。

みすみす相手の手のひらで踊る必要はない。)


スポンサーリンク


 

ボランチの鳥飼がボールを要求。

鳥飼が上がって、前の枚数を増やす。

 

鳥飼は如月の考えとはちょっと違う様子。

鳥飼はすぐに犬童にパス!

鳥飼
「サッカーバカがサッカーで負けて、どこに救いがあるってんだ。」

 

犬童が攻める!

 

速い!

平が寄せてくる!!

平強い!

犬童を振り向かせない!!

 

犬童、ここはいったん戻す。

 

犬童でも攻められない!

平の守備が想像以上!!

 

いや、それだけじゃない。

と言ったのは保科。

平の守備は勿論だが、4番樋口のポジショニングが効いている。

 

犬童が少しでもミスしたらすぐに狙いに行ける、付かず離れずの絶妙なところにいる。

だから犬童の仕掛けられる範囲はひどく限定的になってくる。

 

千手
「狭いエリアも得意とする成神ならともかく、無理して仕掛けてカウンターを喰らうのだけは避けたいからな。」

千手は係員二人に両脇を抱えられて浦の所に連れてこられた。

係員
「お子さん、しっかり見張っててください。」

浦&石動「・・・」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク