ヒロアカ ネタバレ 198話

  

まずは1番チームの戦いの反省会から。

切島は

相手にケンカする気がないと自分の個性は役立てづらい。

本番だったら捕まった時点でころされている

 

 


スポンサーリンク


 

口田は

虫たちにもっと細やかな指示を出せるように・・・

 

上鳴は

俺は良かったっしょ!?ホレるっしょ!?ホレて!大丈夫

恋なんてのはコントロールできるものじゃない。

 

蛙吹は

二人を失ったこと。

誰も欠けること無く勝ちたかった。

バタバタしちゃった。

 

心操は

教わったことの一割も実践できなかったこと。

悔しいです。

 

相澤先生は心操に

いきなりできたら苦労はしない。

自分でもそれを使いこなすのに6年かかっている。

その悔しさを忘れずに次も臨め

とアドバイス。

 

耳郎は、ジャミングウェイの素っ頓狂ぶりが浮いているとコメント。

ジャミングウェイとは上鳴の事。

 

ミッドナイトは心操くんの青みがいいと言って悶えている。

 

相澤先生から心操以外の4人にもアドバイス。

切島は正面戦闘を誘えるセットアップを意識すること!

 

口田は自覚通り。

からめ手を考えていけ

 

上鳴は序盤の緩みに注意

仲間がやられないと力を発揮できないのか?

 

蛙吹はミスよりもミスをカバーできる迅速な対応を

 

ブラドキングのB組へのアドバイスはシンプル!

「もう自分たちでわかってるな?」

うなずく4人。

宍田を軸にするか


スポンサーリンク


塩崎を軸にするか

統率が取れていれば勝てた内容だった。

ちょっと目が怖いブラドキング

 

ここから物間が前に出る。

宍田に歩み寄り

物間
「塩崎は人を欺けない。

そこの考慮が裏目に出たよね、宍田。」

 

物間は心操を見ながら・・

いいものを見せてもらった。

共闘が楽しみだという。

そして

「ヘイ心操くん!

A組に吠え面かかせる計画練ろうよ!」

 

デクと峰田も作戦を練ることに。

 

他のチームも集まってワイワイ作戦を練りだす。

 

その様子を見ているミッドナイトはまた、若人の青い春と言って悶える。

 

オールマイトは思う。

気づけばもう年の暮れ。

みんな個性伸ばしや必さつ技の開発

様々なイベント・トラブルの中を邁進してきた。

ここで一度周囲と自身の力量を照らし合わせて

現状の立ち位置を把握する・・

この授業はある種の総ざらいだ。

 

そこにブラドキングと相澤先生がオールマイトに心操に関する感想を聞きに来た。

 

オールマイトは、物怖じしてなくていいと話す。

” 悔しい ”がまず出てくるのが素晴らしい。

今回はいわばヒーロー科編入へのセンター試験。

次のセットは相当気合入れてくるでしょう。

 

いよいよ弟2セットの準備。

A組のチーム2は

常闇・八百万・葉隠・青山

 

B組のチーム2は

拳藤一佳(けんどういつか)

黒色支配(くろいろしはい)

吹出漫我(ふきだしまんが)

小森希乃子(こもりきのこ)

 

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク