獣になれというブランの話は選手の闘争本能を刺激した!

皆いい感じで燃えている!

 


スポンサーリンク


 

椿も気づいたら緊張が少し和らいでる。

花森が噛みながら言った

” 俺が戦うのはいつだって自分自身なのだ ”

というのも、いつも椿が考えている様な事。

それで勇気をもらえた。

それと・・

ミーティングでのブラン監督の勝負師のような姿が、達海監督を思い出させてくれた。

(東京に戻った時に、達海監督に褒めてもらえるように、大舞台だからって気負わずに俺はいつも通り全力でやるだけだ・・・!)

 

志村が椿に話しかけてきた。

志村はさっきのブランの話はちょっと違うという。

ブランは獣だと言っていたけど、志村のセルフイメージはトリケラトプス。

草食恐竜ながらも鋭い角をもつという・・

 

ここまで緊張感ゼロでいられる志村を頼もしく思う椿だった・・

 

通路に整列する両チーム選手。


スポンサーリンク


椿の目に入って来たのはUAEの10番。

アフロヘア―で不敵な表情。

 

 

選手入場直前のスタンドは異様な熱気に包まれている。

後藤もその盛り上がりに驚く。

リチャードは、スタンドでヨーロッパのクラブの人間を何人か見かけたという。

ブランが声をかけた人たちか。

このゲーム、結構注目されている。

 

選手たちが入場してきた。

その中の椿を見て後藤も感無量。

大事な試合でとうとうスタメンを任される日が来たか・・椿!!

 

椿の姿を見て日本のファンも大興奮!

椿の家族も、コータ父子も

ETUのスタッフもテレビの前に集まっている。

有里も、松ちゃんも喜ぶ!

椿が大舞台でも落ち着いている!!

 

笠野
「はっ

あいつもいろんな経験してきて、いよいよ肝が据わってきたかね。」

 

達海も少し嬉しそう・・

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク