福岡シャープホークス戦

今シーズン3回目の先発の夏之介。

9回裏シャープの攻撃

現在 8-4 でゴールデンカップスが4点リード!

 


スポンサーリンク


 

かわしていくピッチングでシャープ打線を抑えていた夏之介だが、最後の最後で防御率のことを考えて投げたらツーアウト満塁になってしまった!!

打席には今日一本打たれている3番・尾野!

 

徳永コーチは、ここも夏之介で行く!

 

マウンド上の夏之介は、まだ防御率を気にしている。

4失点したけど9回まで投げたことで防御率が徐々に下がってきている。

このバッターをうちとれば5.95にまで下がる。

 

 

ブルペンでモニターを見ている菊水コーチは夏之介続投に疑問を持っていた。

いくら今日はリリーフを出したくないといっても・・・

ここまで凡田の完投に賭けてもいいものなのか?

 

それは向井監督も同じ。

徳永が凡田の防御率を下げてやりたいと思っているのではないかと思ってしまう。

向井監督
「ここで1本ヒット打たれたら2点差になる。

そしたら代えるぞトク。」


スポンサーリンク


徳永コーチは了解する。

 

しかしヒットで済むとは限らない。

ツーベースを打たれたら1点差。

ホームランを打たれたら同点。

徳永コーチは心の中で祈る!

ここだけは気合で行ってくれ夏之介!

 

マウンド上の夏之介、最後のひと踏ん張り!!

ここでもう一度印西投手から言われた自己マインドコントロールを実行!!

ここで負けたら・・・

家族と離れ離れになる・・!!

愛する家族が宇宙の果てまで飛ばされてしまう様子をイメージ!!

(そんなのヤダ・・・)

思わずウルっときてしまう。

そして、体に力がみなぎってきた!!

 

夏之介は自分に言い聞かせる。

(絶対討ち取る!)

 

そして夏之介はここでこれまでの方針を代える決断をする。

尾野には今日、完敗のホームランを打たれている。

バックスピンをかけて落ちてこないフライを打たれてのホームラン。

ここまで変化球を多投してきたから、尾野も変化球をイメージしてきているはず。

(よし!最後の最後はその裏をかいてみる!)

 

ストレートだ!!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク