2ページ目

 

 

その言葉通り、黒尾のブロックを嫌がって田中のスパイクはサイドラインを割る。

音駒 6-6 烏野

 


スポンサーリンク


 

黒尾は月島に話す。

ツッキーの徹底ネチネチブロックにはみんなが腹立つ。

それで、

よかった間違ってなかった

って、思ったんだよね。

 

 

高まっていく集中。

次の1点は獲られたらダメな1点。

 

 

黒尾のスパイクを澤村がレシーブ!

澤村
「頼む!」

影山がネットギリギリでのけぞりながらトス!

 

”ちゃんと止まって上に跳べ ”

”ブロックの面積広げろ ”

”リード・ブロックは最後にわらうブロックだ ”

 

影山のトスを東峰が打つ!

ブロックはリエーフ!!

 

ブロックを避けたスパイクは黒尾の正面!!

チームワークがはまった瞬間だった。

リエーフはニヤリ。

黒尾も「ハッハァー!!」

 

両チームのベンチも興奮!!

 


スポンサーリンク


月島
(ああクソ 勝てない)

 

研磨のトス

打つのは・・・

リエーフの後ろの黒尾!

 

黒尾のバックアタックを月島がワンチ!!

烏野チャンスボール!!

 

リエーフの

絶対にタダでは通さない

という圧が凄い!!

 

影山も、月島もその圧に恐怖を感じる。

でも、恐いからこそ・・

 

月島が跳んだ!

ベンチの日向の目が輝く!

 

研磨
(思考の猶予を与えない

最短真ん中 高さ勝負)

 

月島のスパイクはリエーフのブロックの横を抜けて黒尾も届かない!!

 

リエーフショック!

黒尾は怒。

月島はにっこり。

 

——320話ここまで。

ハイキュー 321話に続く

 

〇感想

月島、師匠に勝利で笑顔!

黒尾は教えた後輩にやられちゃって・・

いや、でも最後のは月島が偉かった!

リエーフと黒尾のチームワークがハマったはずだったのを打ち崩した!

絶対に取りたい1点をいい形で得点できた烏野。

このまま波に乗れるか!?

 


スポンサーリンク