ヒロアカ ネタバレ 200話

  

姿を現した黒色支配を追うA組

 


スポンサーリンク


 

しかしB組はその後の展開を既に用意してあった!

ヤオモモの鼻先だけでなく、配管などそこら中にキノコを生やす希乃子。

キノコまみれにしちゃいノコ。

初めて前髪の間から目をのぞかせた希乃子。

眼球がなんと焼きシイタケ!

 

希乃子はヤオモモの体だけでなく、葉隠にもキノコを生やしてシルエットを浮かび上がらせる。

キノコがあたり一面を覆いつくす!!

もはや黒色支配の姿は見えない!

 

希乃子はリズムに乗って調子よくキノコを増やす!

クロハナビラタケくん

キシメジちゃん

エノキタケにヒトヨタケ

生えろや生えろ

世界をキノコで魅了しろー!

 

小森希乃子

個性 キノコ

体から胞子を飛ばし、瞬時にどんな場所にもキノコを生やす!

湿気が多いほどよく飛びよく生える!

 

峰田が恐れおののく。

人体にも生えるのはホラーだ・・・

 

B組の生徒の説明だと

彼女のキノコは2~3時間で消えるとのこと。

 

ここまでは拳藤の作戦通り。

プランAはダークシャドウを乗っ取って奇襲攻撃!


スポンサーリンク


ダークシャドウを操られるとは思っていないだろうから、さっと誰かを捕まえる。

失敗した場合の黒色支配のリスクは・・

 

黒色を相手にする場合は必ず光を使う。

拳藤達3人はその光で居場所が分かる。

光あるところではダークシャドウは強い行動はとれない。

黒色がミスっても拳藤たちが包囲して畳み掛ける!

 

これが拳藤が考えた作戦。

 

ヤオモモは感心する。

二段構えのオペレーションはさすが。

しかし感心してばかりはいられない!

ヤオモモはA組に指示を出す!

「皆さん落ち着いて。

まずはひと固まりに!」

 

その時

ゴンッ

ガンッ

ドガッ

とけたたましい音を立てながら配管が壊れていく!

ドドドドド

建造物も危ない!

 

これは吹出漫我の仕業。

個性はコミック。

オノマトペ(擬音)を具現化できるのだ!!

 

吹出、今日は特に調子がいい模様。

ガンッてのがギャギャーンて出来た!

心がドワァーとなっちゃう!

擬音語で壁を作った!!

強度も十分!

青山のレーザーでもキズ一つつかない!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク