シキの魔械流 重彗星でドクロエルシーをやっつけた!

上層階で戦っていたのだが床をぶち抜いてレベッカたちのいる階まで落ちた。

レベッカ、ワイズ、ハッピー、ピーノが音に驚いて集まって来た。

 


スポンサーリンク


 

するとドクロエルシーがドロドロと溶け出した。

最後に残ったのは,一つ目の小さなタコお化け。

 

ここで本物のエルシーが通信をしてきた。

タコお化けは人間の姿に擬態するパラサイトで、ニーテルS4

この船はエルシーたちが倉庫代わりに使っていた船で、知らない間に虫が湧いてしまったと言っている。

 

エルシーはこの船をシキたちにくれるという。

全員理解不能。

元々この船はシキにあげるつもりだったというエルシー。

いきさつを説明する。

 

この船は元々は魔王ジギーのものだった。

ジギーはかつてこの船でマザーを目指した。

エルシーとジギーが出会ったのはその帰り道。

マザーには行けなかったが、シキを見つけた。

ジギーは自分の寿命を知っていて、マザーよりグランベルへ帰ることを選んだ。

シキを育てるために。

 

ピーノはご主人であるジギーがしんでしまったことを知って涙を流す。

 

エルシーにとって、ジギーは恩人らしい。

そのジギーに、いつかシキが宇宙に出る時この船を渡してほしいと頼まれていたというのだ。

 

ホントにこの船が貰えると知って一番テンションが上がっているのはワイズ。


スポンサーリンク


ワイズの船はアクア・ウィングのはずだが・・

 

ギルストに売り飛ばされることもないと知って一安心のレベッカ。

 

でもシキは船を要らないという。

こんな立派な船をもらったらエルシーが困るのではないかと思ったのだ。

 

でもそんな事は無用な心配。

エルシーは大艦隊を従えているのだ。

 

エルシーの部下が星系連盟軍に捕捉されたことを報告。

 

ジャスティスたちがエルシーの艦隊に狙いを定める。

間もなく射程圏内に入る。

謎のエーテル反応は気になるが、エルシーが乗っている船は特定できた。

ジャスティス
「始めようか。

正義の鉄槌を。」

 

星系連盟軍は一斉に射撃を開始。

 

エルシーは慌てない。

とりあえずは威嚇射撃。

第2射に合わせてシールドを展開!!

 

エルシーはシキたちに早々に立ち去るように言う。

守りながらでは戦えない。

 

シキはエルシーに礼を言う。

 

エルシー
「これでジギーとの貸し借りはなしだ。

今後一切私達には関わるな。」

 

シキはエルシーがじいちゃんの友達なら自分とも友達だという。

エルシーはシキの目が気に入った。

エルシー
「そういえばジギーがこんな話をしていたな・・

マザーに辿り着いたものはもう一度生まれる。」

 

シキもレベッカたちもどういう意味かは分からない・・

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク