大阪大会決勝。

2回表 快苑エース・笛吹がDL打線を寄せ付けず三者三振!!

 


スポンサーリンク


 

それでもベンチに戻った笛吹は

「球散らかってしゃーないわ!!」

と言っている。

真っ直ぐは浮くし、変化球はひっかかる。

立ち上がりとしては最悪。

しかし持ち前の修正能力で見事三者三振!!

 

なのに笛吹の女房と来たら・・・

散歩ブチられたパグみたいな顔(悲しそうなしかめ面)をしている。

笛吹
「DLに勝って春夏連覇して可愛い笑顔取り戻したらなアカンな・・・」

 

唐松は無理だという。

DLに入れなかった事じゃなくて、狩野に言われたことを引きずっているから。

 

 

DL応援席。

飛田が丸井に話す。

目玉をアイスピックでえぐられる気分。

中学時代、自分と大差なかった唐松がいつの間にか超高校級に。

かたや自分は入学後1年半、まだ1回も試合出てないカス。

野球もしないで選択ばかりしているバカ息子のために親は年間100万もの学費を払うために日夜汗を流す。

 


スポンサーリンク


その唐松が打席に向かう。

烏丸と同じ様にバットを引きずり、カリカリ音をさせている。

 

飛田の話の続き。

口では悔しいとか試合出たいとかほざいてるけど

今の状況に内心ホッとしている自分がいる。

試合出て活躍できる自信がない。

けど嘘でも前向きなことを言っていないとぶっ壊れる。

「心折れそうや。」

と言って泣き顔をする飛田。

 

その後ろの席で相変わらずほっぺたを膨らませている花本。

 

唐松打った!

難しいインコースを思い切り引っ張った!

ヒットメーカー唐松、快音響かせ今日2本目のヒット!!

2回裏ツーアウト1塁。

DLにとっては嫌なランナーが出た。

 

唐松が狩野に話しかける。

ガックン(烏丸)から手紙が届いた。

内容は

勝てDL 負けるな快苑。

だった。

 

狩野は間延びした顔で

「さすがナメック星人。

なんのひねりもない平和的なコメント。」

 

唐松が 

顔面込みで伝えておく

と言うと

狩野は慌てて

ウソウソウソ。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク