佐々木紀子が出してきた写真を見てショックを受けた鈴は裸足のまま佐々木のマンションを飛び出した!

 


スポンサーリンク


 

涙を流しながら少し走ったところで佐々木家に向かう心と由紀に会った。

心は姉のただならぬ様子を見て心配する。

「どうしたの姉ちゃん!?

どうしてここに・・!?」

 

鈴は

助けて・・・

と言いながら心に近寄る。

すると鈴はお腹を押さえてうずくまる。

そして下からの出血・・

 

由紀は救急車を呼ぼうとするが、心の判断でタクシーを拾って直接病院へ連れて行く!

心は苦しむ由紀を抱えて

「急ごう!!」

 

 

佐々木の部屋では・・・

佐々木が鈴を追わなくていいのかと心配している。

 

木村さつきは余裕の表情で

「この写真がよっぽどショックだったんでしょう。」

と言う。

でも佐々木紀子は犯人の声を聞いただけで姿は見ていない。

この写真の人物が本当に犯人と言えるのか・・・?

 

佐々木紀子は、これから鈴の弟の心が来ると木村に言う。

 


スポンサーリンク


 

病院に着いた心。

鈴を抱えて病院に駆け込む。

「誰か・・・

産婦人科の医者を・・・!」

 

看護師たちがストレッチャーを用意したのでそれに鈴を乗せる。

鈴は診察室に運ばれる。

 

心と由紀は廊下で診察が終わるのを待つ。

 

診察が終わり、心が医者と話す。

鈴も横になったまま聞いている。

 

医者は

赤ちゃんの心拍は確認できたし、丈夫に育っている。

ただ、子宮にポリープがあり、これが今回の出血の原因になった。

悪性のものではないので出産への影響はないが、出血が続くようなら切除する方がいいかもしれないと話す。

 

医者は続ける。

お母さんの栄養状態があまりよくない。

過度のストレスや運動は赤ちゃんにもよくないので・・

 

医者の話を遮って鈴が

「この子を堕ろすことはできますか?」

と聞いた。

目からは涙が流れている。

「堕ろしてください・・・

私もう・・・

どうしたらいいか・・・」

鈴は嗚咽を漏らして泣き出した。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク