シキたちの現在地はブルーガーデンまで6時間。

海賊船では入港できないので、近くまで行ってからアクアウィングで行く事に。

 


スポンサーリンク


 

しかしワイズがアクアウィングは自分の船だと主張。

対し、シキはじいちゃんから受け継いだ海賊船は

俺たちの船

だという。

 

レベッカが

「あんたのでしょ。」

と言うと、

シキ
「いいや。

一緒に冒険する仲間だろ。

俺たちの船だ。」

レベッカもハッピーもにっこり。

 

ワイズが

「つまりおれにも所有権が・・」

と言いかけた。

シキは お前は仲間じゃねーし。

と冷たい対応。

 

ピーノが浮かない顔をしている。

ご主人様である魔王が亡くなっていたことがショックなのだ。

ピーノ
(ご主人・・・

私を作った目的は何ですか?

私は何故ノーマにいたのですか?

私は何のために生きているのでしょうか。)

 

落ち込んでいても仕方がないので、ピーノも含めてみんなで船内を掃除することに。

 

風呂が大きい!

レベッカとハッピーがテンション上げて掃除する。


スポンサーリンク


 

ワイズも掃除を手伝っている。

シキは上着が無くなっていることに気づき服を捜しに行く。

 

早々に風呂掃除を終わらせて入浴するレベッカとハッピー。

ハッピーは機械だが、元の持ち主・魔王も機械だった。

だから機械が浸かっても気持ちいいお湯。

 

風呂の天井はガラス張りで宇宙が見える。

絶景だ。

これからの冒険に思いをはせるレベッカとハッピー。

 

とその時、レベッカの身体にエーテルの紋様が浮かび上がって来た!!

このお湯には体内のエーテルを活性化させる効能があるのかも。

 

今ならシキみたいなパワーが使えるのかなと冗談半分で天にこぶしを突き上げると・・・

凄いエネルギーが放出されて風呂場の天井に穴が開いた!!

 

浴室内の空気が外に漏れてレベッカ達も吸い上げられる!

しかし船の自己修復機能が働いたのか、穴は自動的に塞がり二人は助かった。

 

浴槽に落下したレベッカは自分の手を見る。

「何なの今の・・・

本当になんか ”力 ” が使えた・・・

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク