MFG予選最終日。明らかになるカナタの車。

西園寺家の朝。

恋が玄関先で何か叫んでいる。

今日はバイトで帰りが遅くなるらしい。

ちゃんと言ったからね、と母親に念押ししている。

過去に言った言わないの喧嘩でもあったのか。

それを聞いているカナタ。

今日はカナタもイベントがある。

そう、カナタ出走の日!!


スポンサーリンク


東京六本木にあるMFG本部。

統括本部長の上有(じょうゆう)が小田原のチーフ、山下に電話している。

MFGのエグゼクティブ・オーガナイザー、リョウ・タカハシからの依頼で、カナタ・リヴィントンについて聞いている。

山下がエントリーリストを照会するも見当たらない。

見当たらない?なぜだ?

※多分、片桐夏向で登録しているためでしょう。(3話)

PM12;55 小田原。

MFG最終日の7日目。

ここまでの概要。

ポルシェ勢の躍進がめざましい反面、フェラーリ、ランボルギーニのイタリアンパワーが苦戦している。

国産車期待の星、GT-Rの相葉瞬が暫定の5位。

 

今日の一番出走、塚本壮太のランサーがゲートに入る。

塚本のベストクオリファイは昨年の最終戦、熱海の96位。

今年を占う開幕戦での走りはどうか?

エンジェル7番がボードを掲げる。

スタイル抜群で、相葉が惚れている子。

エンジェルの中でも特にファンが多い。

相葉は今日も望遠鏡で見ている。

 
塚本のランサーがスタートする。

望遠鏡を覗きながらドキドキしている相葉。


スポンサーリンク


その相葉にカナタが声をかける。

びっくりして振り向くとオガタも一緒にいる。

久しぶりの再会に盛り上がる相葉とオガタ。

昔チームでレースに出ていた様子。

しかし世間話をしている暇はない。

出走まであと10分しかない。

クルマへ急ぐ。

さて、注目のカナタの車は・・

トヨタ 86!

そしてカーナンバーも86。

車を見てなつかしがる相葉。
(これならMFG初心者のカナタにはちょうどいいかも。)

相葉が先輩としてカナタにアドバイスする。

・予選で一番大事なことは完走すること。
(車は絶対にぶつけない)

・小田原パイクスピークは1周40キロ。
MGF開催コースの中でも最長。
(ベテランでもコースのレイアウトを全部覚えているわけではない。)

だが、カナタはレイアウト図を3回見ただけで覚えたという。
相葉は信じない。

・クルマはパワーがないから上りは70%くらいのテンションで。

・下りがやばい。(特にセクター3)
50から60をキープするくらいでちょうどいい。

相葉のアドバイスは以上。

86号車、車検テーブルへというアナウンスが流れる。

——6話ここまで。

エムエフゴースト 7話に続く

〇感想

前からそうかなと思っていましたが、

恋=エンジェル7番ということで間違いないようです。

恋が、86で出走するカナタを見た時の反応が楽しみです。

 

86ですか・・・

オガタが言っていた、”戦闘力がない”の意味がわかりました。

GT-R,フェラーリ、ポルシェといった車に対抗できるのでしょうか。


スポンサーリンク