←前回のあらすじはこちら
 

新シリーズ 災害医療 2話目!!

DMATととして震災の現場に到着した加瀬。

加瀬たちは本部の事務所に入っていく。

すると若い女性が加瀬に声をかけてきた。

加瀬がマホと呼ぶこの女性。

彼女もDMATかと思いきや、

マホ
「今回は災害時小児周産期リエゾンよ。」

 


スポンサーリンク


 

災害時小児周産期リエゾン・・・加瀬も知らない。

マホによる説明。

・被災下では通常の妊婦搬送が出来なくなる。
(DMATの医師はは救命医が多いので妊婦や新生児に弱い)

・災害時でも妊産婦や小児の搬送、治療をスムーズに調整できるようにする新たな連携・・

それが災害時小児周産期リエゾン。

まだ発足したばかりの組織。

手探り状態だが、これからの災害救助に必ず必要になってくる。

本部からペルソナDMATチームに指示が出る。

すぐに災害拠点病院のN医療センターへ向かうようにとのこと。

重傷者多数で人手が足りていないらしい。

N医療センターについたペルソナDMATチーム。

ロビーにもベッドを置いて負傷者を受け入れている。

しかし、ペルソナDMATチームが依頼されたのは被災状況の情報入力。

ペルソナの休憩室。

サクラとゴロー、下屋が話している。

話題は加瀬の救助活動。

ゴローは今頃加瀬が瓦礫の中で救助をしているのかと思っているが・・

サクラはそれを否定する。

被災医療で最も大切なことは、

” 一人でも多くの傷病者を救うにはどうするか ” という事。

だから、急性期の今、一番大な事は、情報収集。

パソコンに向かっているペルソナDMATチーム。

被災した病院等の施設、各道路の状況等をどんどん入力していく。

災害が起きてから48時間以内の急性期と呼ばれるこの時期、

何より最も優先されるのは指揮命令系統の確立。

そして警察・消防・自衛隊・自治体そして病院との連携。

DMATの場合は、まずDMATの本部機能を立ち上げ、

携帯電話・トランシーバー・パソコン・衛星電話を使い、情報の収集と伝達を行う。

 

他のDMATチームも総がかりで情報の入力を行っている。

 


スポンサーリンク


そして集めた情報をEMISと呼ばれる広域災害救急医療システムに入力していく。

EMISには各病院のライフライン・・・

手術や透析の可否などの被害情報、

病院周辺のアクセスルートや通信手段の確認

病院の診療状況

病院の受け入れ可能人数から病院の患者情報・・

その他DMATの活動状況、本部情報が集められ・・

それらを共有することができる。

EMISは災害時・・・

都道府県を越えて集まるDMATにとって、最も重要なシステムなのである。

 

今加瀬たちがいるN医療センター。

何十人の医師や看護師でごった返している。

しかし首から聴診器をぶら下げている人は一人もいない。

皆電話応対、データ入力に忙しい。

なぜなら・・

どんなに優秀なDMATチームが集まっても組織化と情報共有が出来なければ、患者を救うことなどできないからだ。

本部からペルソナDMATチームに連絡が入る。

SCUに回ってくれとのこと。

SCUとは・・広汎搬送拠点臨時医療施設の事。

ここでは加瀬たちはトリアージを担当する。

トリアージとは、患者の緊急度に従って優先順位をつけること。

緑・・待機

黄・・純緊急治療

赤・・緊急治療

黒・・し亡

 

次つぎと負傷者が運ばれてくる。

頭にキズを追ったおじいさん。

出血しているが、縫合だけで済みそう。

手首に緑の札をつけて緑エリアで待機してもらう。

 

倒壊家屋から救出された50歳女性。

ストレッチャーで運ばれてきた。

呼吸が早く、バイタル不安定。

加瀬がお腹を触ると痛がる。

腹腔内出血の可能性がある。

赤タグをつけて搬送先を手配する。

診察の結果、脾臓破裂。

緊急開腹が必要。

搬送先が見つかった!

N大学病院、緊急オペ可能!

ドクターヘリで搬送される。

 

若い女性が車いすで搬送されてきた。

脚の上にタンスが倒れてきて歩行不可。

この女性、32歳・妊娠8か月の妊婦さん。

加瀬に緊張がはしる。

救急救命医にとって、妊婦は専門外。

——216話ここまで。

コウノドリ 217話に続

〇感想

災害時の医療体制がよくわかりました。

救急救命医にとって妊婦は特別な存在なんですね・・・

じゃあ下屋がDMATチームに入ったら貴重な存在になりますね!


スポンサーリンク