惑星ギルストについたレベッカ達。

建物の中に入れられる。

 


スポンサーリンク


 

囚われたBキューバ―は29人。

みんなで力を合わせればきっと脱出できるはずと、レベッカは考えているが・・・

 

「みんさんイリーガタワーにようこそなのォ」

と言いながら扉を開けて入って来たのは巨大なカエルのイリーガ。

 

イリーガはBキューバ―たちを見て、見たことある人ばかりと言って興奮する。

しかし本当は可愛ければ何でもいいというイリーガ。

イリーガは可愛い子を家具にしてコレクションするのが趣味。

 

自分たちが家具になるという事がよくわかっていないようなので、イリーガは女の子を一人登場させて実演する。

女の子は裸で四つん這いになって震えている。

どこかの国でアイドルをしていた子だという。

 

女の子は何でもするから助けて下さいと泣いて頼むが・・

イリーガが女の子に光線を当てると・・・

女の子は石のように固まってしまった!!

イリーガは、これで椅子の完成だと言って喜ぶ。

 

自分たちも固められて家具にされるとわかり、泣き叫ぶBキューバ―の女の子たち。

 

イリーガがパチンと指を鳴らすと床から泡が出てきた。

奇麗な家具を作る為に女の子たちを洗うのだ。

 

ここでイリーガにシスターから入金の催促が来ていると報告が入る。


スポンサーリンク


 

この状況でもレベッカは諦めない。

絶対脱出してあの変態をぶん殴ると決意する。

 

 

エデンズ・ゼロが惑星ギルストに到着。

 

ピーノが、ジン・ギルスト・風のエーテルギアのキーワードで検索すると、ローグアウトという傭兵団が上がった。

まずはそこに向かう事に。

ホムラは、強者と戦えるのが楽しみだという。

 

ウィッチは、

この星は悪党の巣窟だから常識が通用しないことを忘れるなと忠告。

 

ワイズはボロボロになっていたハッピーの外観を直してあげた。

今のワイズのスキルでは、機能までは直せないらしい。

 

惑星ギルストについて、ホムラが説明する。

元々この星は木のエーテルが豊富だった。

だから自然の豊かさに恵まれた星だった。

この星の町は機械樹と呼ばれる大樹の上に作られている。

今シキたちがいるのはその最下層。

 

見事な大樹に見とれるシキ。

しかしすぐに落ち込む。

ワイズがどうしたのかと声をかけると

シキ
「レベッカとハッピーがいたら喜ぶだろうなと思ってさ。

動画映えするーってさ。」

ワイズ
「犯罪者共の星でか?」

ホムラ
「明るい仲間のようだな。」

ピーノ
「必ず助け出しましょう!!」

シキ
「ああ。

必ず連れて帰る!!」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク