柴木山部屋。

いよいよ鬼丸と草薙の一番が始まると言うので星野がハイテンション。

星野はIHでの団体決勝、大将戦を見て、鬼丸のいる柴木山部屋に入ったという。

 


スポンサーリンク


 

鬼丸と草薙、時間一杯!!

客席からも声援が飛ぶ!

6日目とは思えないすごい盛り上がり。

みんな二人の関係が分かっているのだ。

 

観客だけではなく、力士や角界関係者もこの一戦に注目している。

 

鬼丸は小学生横綱となったが、中学で挫折。

再起をかけた高校相撲の土俵ではじめて負けた相手が草薙。

草薙は父親の大和国に学生の土俵に上がることを禁じられていたが、鬼丸の相撲を見て血が騒いだという。

高校では2度の対戦があり、共に1勝1敗。

高校時代の草薙に勝ったのは鬼丸のみ。

プロになってからは6度対戦して草薙の全勝。

しかしそれは参考にならない。

ケガを乗り越えて帰って来た鬼丸が2年半ぶりに草薙と相まみえる!

 

草薙も鬼丸も今場所は2敗。


スポンサーリンク


これ以上負けられないのはどちらも同じ。

 

体の強さなど地力では圧倒的に草薙。

ただ、今場所の草薙は心に重圧を抱えて相撲が荒れている。

鬼丸が昨日の金鎧山戦のようなに多彩な技でかき回せば、勝機を見いだせるか。

 

テレビの前の國崎も思わず力が入る。

鬼丸の中にはまだ開けていない強さの引き出しがあると見ている。

金鎧山戦でもみせた引き出しだけでなく・・・

この一戦で勝つためには右腕に眠る鬼車に目覚めてもらうしかない!

 

蟹江医師は

プロポーズの翌日に負けたらカッコつかないと言ってみている。

隣にいる佑真も同じ思い。

 

三ツ橋も練習を中断してテレビ画面を見守る。

 

観客席のレイナも真剣な表情。

 

そんきょの姿勢をとる鬼丸。

落ち着いていて、いい感じだ。

 

童子切は鬼丸の変化について考える。

八艘飛びを飛ばれたのがデカい。

変化を警戒しなくてはならないから。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク