主人公はデンジという少年。

15歳くらい。

頭部前面にチェンソーがついているポチタという犬を連れている。


スポンサーリンク


父親が裏組織からの借金を残したまま自ら命を絶ち、残った借金の返済に追われている。

借金の残額は3804万円。

右目や腎臓、睾丸なども売って、残った金額がそれ。

もう日常に絶望している。

朝食のパンにジャムを塗って食べることと、女の子と家でイチャイチャすることが夢。

 

そんなデンジだが、実は仕事をしている。

デビルハンターという仕事。

悪魔を狩って、1体30万。

それを裏組織に売っている。

 

今日はトマトの悪魔を仕留めた。

裏組織のボスは40万で買ってくれたが、借金と利子、仲介手数料、その他諸々を引くと残りが7万。

その7万から水道代を払って他所への返済もすると残りが1800円。

これで1か月暮らさなきゃならない。

やっぱり、パンにジャムを塗る余裕はない。

 

頭からチェンソーが出ているポチタは、悪魔。

ケガをして死にそうになっているところをデンジが自分の腕をかませて血を飲ませて命を救った。

※悪魔は血を飲めば傷が治る。


スポンサーリンク


その時に、デンジとポチタはお互いを助け合うという契約を交わしたのだった。

 

ポチタとデンジはいつも一緒。

寝る時も一緒。

寝る時にデンジはポチタを抱えて、夢の話をする。

食パンにジャムを塗って、ポチタと食べて、女と部屋でゲームして、抱かれながら眠る・・・

それがデンジの夢。

 

デンジは血を吐く。

デンジの母親は心臓の病気で血を吐いて死んだ。

デンジも同じ病気か。

 

夜中に悪魔狩りの仕事の依頼が来た。

 

暗がりに案内される。

すると後ろからゾンビに刺された!

抱えていたポチタも貫通!!

 

裏組織のボスに謀られたのだ!

 

ボスは、悪魔と契約したという。

悪魔が望むのはデビルハンターの死。

デビルハンターの命と引き換えに裏組織のボスは悪魔の力を手に入れた。

ボスが取り引きしたのはゾンビの悪魔。

ゾンビの悪魔の奴隷で、人間のゾンビが沢山いる!

そのゾンビたちにデンジは切り刻まれる!!

そしてバラバラにされてポチタと一緒にゴミ箱に捨てられた・・・

 

ゴミ箱の中でポチタはデンジの血を飲んだ!!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク