西東京都大会

青道 対 由良総合

 

初回立ち上がり、沢村はセーフティバントを悪送球!!

2塁に進まれてしまった。

 


スポンサーリンク


2塁ランナーは足が速いことを気にする沢村。

御幸は榊監督がどういう指示を出すのか気にする。

片岡監督の師匠なら手堅く来るか。

1・2回戦でもバンとのサインが多かったし。

しかしここはバントの構えなし。

進塁打は狙ってくるだろう。

 

御幸は沢村に2塁牽制のサインを出す。

沢村はきちんと牽制をする。

 

榊監督は御幸のことを流石だという。

よく神経が行き届いている。

 

バッターはバントの構えを見せる。

沢村は外に外す。

これでボールツー。

 

榊監督はニヤリ。

とことん御幸と沢村の神経をすり減らす作戦。

 

大和田は

バントの構えを見せて入るが、バントのサインは出ていないのかと峰に聞く。

峰は、わからないが、バッテリーとしては早く1つ目のアウトがほしいだろうと言う。

 

御幸はサインで、いちいちバントの構えに反応するなと指示する。

沢村も納得するが・・・

結局フォアボール。

沢村が簡単にフォアボールを出すのは珍しい。

やはりまだ悪送球を引きずっているのか。


スポンサーリンク


ただ、プレーとしては紙一重だった。

アウトにできていれば流れは変わっていた。

 

榊監督は次の打者に指示を出している。

 

沢村の表情に明らかに焦りの色が見える。

部長がベンチから落ち着こうと声を掛ける。

 

落合コーチは、球が全然走っていないと言う。

 

御幸が沢村のもとへ。

倉持を見ろという。

 

倉持はゆらゆらと気合注入の構えを見せる。

 

御幸は沢村に一発もらっておくかというが、

沢村は遠慮する。

3回しかないタイムをここで使いたくない。

 

御幸は、しっかり腕を振れという。

いつもの球が来ていない!

 

沢村は自覚ははっきりとあるという。

 

御幸は沢村の胸にミットを当てて

いつもの球なら多少甘くても簡単には打たれないから、ここを凌いで流れを引き寄せようと話す。

 

沢村は力強く返事をするが・・・

実際問題、身体がフワフワして足に力が入らないのだ。

思わずヤバイとつぶやく沢村。

 

沢村は大きく息を吐き、自分を叱咤する。

 

ざけんな。

エースだろ?

チームを引っ張るんだろ!?

こんな所で躓いてたまるか!!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク