大阪大会決勝。

7回表、DLの攻撃。

スコアはDL 3-4 快苑

 


スポンサーリンク


7回表、DLの攻撃は鷲中から!

打った!!

右中間フェンス直撃!!

鷲中は三塁へ!!

 

DLはノーアウト三塁、同点のチャンス!!

藤巻監督が 采配が当たった! と言ってガッツポーズ!

 

いやいや・・

直訴した鷲中に

お前が笛吹打てるわけないやろカス

なんて言ってたから・・

その後門松が三振して鷲中が出ることになった・・

 

門松と南は憮然としている。

 

そんな二人に天津が話しかける。

「有限実行の勇敢な同級生に何を思う?」

 

天津はチームを甲子園を目指す船のクルーに例える。

船に乗れるのは20人だけ。

それぞれに重要な枠割がある。

自分の役割を考えろ。

自分は戦力になっているのか?

自分が降りたら、この船は傾くのか?

 

笛吹は8番、9番を連続三振!


スポンサーリンク


ツーアウト三塁になった。

 

バッターボックスには1番・狩野。

 

強打者・狩野をバッターボックスに迎えた笛吹。

ピンチの連続で神経がすり減ってきている。

狩野は絶対に失投を逃さない。

ここは集中力勝負! と、気を引き締める。

 

カウントは2-2に。

狩野は、笛吹の調子は良くないと感じていた。

それでも甘い球が来ないのは流石に甲子園優勝投手。

地味でも、ここで1点を取れば万年弾のダメージは消滅する。

狩野も集中!!

 

狩野、笛吹、万年、鷲中・・・

それぞれが緊迫して迎える次の1球・・・

 

とここで主審がタイムをかけた。

理由は鳩!

外野に鳩が1羽舞い降りて塁審追っても飛んでいかない!!

平和の使者降臨でまさかの休戦!!

 

ガクッと来る笛吹。

対し、狩野はいい感じで力が抜けた模様。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク