木村さつきの部屋に通してもらった心と佐野。

心は家の中を見回す。

 


スポンサーリンク


父親は仕事とのこと。

最近経理をやっていたパートがやめたので忙しいらしい。

そのパートとは、佐々木紀子のこと。

 

木村鍍金工場から青酸カリを盗み出したのは佐々木紀子。

当時の佐々木の婚約者は長谷川翼。

翼が佐々木に青酸カリを盗むように指示した。

それは加藤みきおが長谷川に頼んだこと。

 

なぜ加藤みきおは木村さつきにそれを頼まなかったのか。

二人が共犯なら木村さつきに青酸カリを持ち出してもらうほうが話は早いのに。

そう考える心。

 

木村さつきはお茶持ってきた。

佐野がそれを飲もうとすると、心がお茶を払い落とした!!


スポンサーリンク


佐野は心に文句を言ったが、心の考えていることはすぐにわかった。

 

木村は心の様子がただならないことき気づく。

心は家の中を隅々まで見る。

すると米びつの横に

シアン化カリウム

と書かれた瓶が置いてあるのを見つけた!!

 

心はそれを手に取り、木村にこれは何かと尋ねる。

すると木村は、ただのお酒だと答えた。

中は空だけど・・

 

木村の父親が禁酒するのにそうやっておくと我慢ができるという。

 

佐野が瓶を手に取り、中の匂いをかぐ。

確かに空だ。

 

心は

加藤が入っている施設はの場所。

祖母の病気とはなにか

を聞く。

 

木村は心臓の病気と答えて、

加藤が一時的に入っている施設の住所を心に手渡す。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク