前回(194話)は・・・

佐藤がスズムシを盾にプレハブから外へ!


スポンサーリンク


ミサキは佐藤が構える銃を見て、佐藤が以前助けてくれた覆面の男だと確信した。

佐藤は山岡の肩を銃で打ち抜き、そのままユーカリも仕留めようとするがユーカリは洋子を人質にとった!

アザミは佐藤に銃を置いて自分と勝負しろと話す。

 

 

ここから195話

 

 

アザミは佐藤に素手で勝負しろという。

山岡は同門の技と力比べを見たいだけだから。

 

佐藤は最初から自分のところに来ればいいだろうという。

 

山岡がこたえる。

ボスに佐藤兄妹に関わるなと言われているし

洋子は自分に恨みを持っているし、

マツはせっかく開放してやったのに、洋子と協力して引き金を引いてきた。


スポンサーリンク


 

山岡は、マツは後で処分するという。

洋子とミサキに関しては佐藤明次第。

ユーカリとアザミを倒してしまえば最強。

強いやつは好きに条件を出せばいい。

 

佐藤は

「だったらすぐに帰れる。」

と言って立ち上がる。

 

佐藤はユーカリに

洋子から手を離すようにいう。

ふつうってのは、女に優しくするもんだ・・

 

ユーカリは洋子を離す。

そして広いところに向かって歩き出す。

アザミに、先に自分にやらせろという。

佐藤に広いところに来るように要求する。

 

すると佐藤は、平らなところでしか闘えないのか?

と素のような、挑発のような口調で言う。

山岡は ほお~ と感心する。

ユーカリ
「言うね~。」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク