アルピーヌA110に乗る沢渡。


スポンサーリンク


沢渡が3年間のモータースポーツ留学でフランスにいた頃、大型ルーキーとして注目されていたカナタのことを沢渡が一方的にライバル視していた。

そのころの沢渡は資金難でポンコツにしか乗せてもらえず、ユーロFE-3では悔しい思いをした。

沢渡
(ポールリカールとホッケンハイムの続きは芦ノ湖でやろうぜ。

歓迎するよ。

カナタ・リヴィントン。

ようこそMFGへ!)

 

 

ターンパイクでのシェイクダウンの帰り・・・

カナタとオガタはファミレスで休憩していた。

カナタが食べているのはあんみつ。

あんみつも気に入ったみたい。

安くて美味しいと言って驚く。

 

芦ノ湖GTの予選の出走日が決まった。


スポンサーリンク


カナタは6日目。

 

出走日の決め方は、

原則的に現時点のランキングで振り分けられる。

公平を期すために、上位ランカー達がまんべんなく7日間に散らばるようになっている。

ランキングトップが最終日で、そこから2位が6日目、3位が5日目・・・

となり、ひとまわりして9位のカナタは6日目。

 

あとに出るほうがライバルたちのタイムが出揃っているから目標タイムが設定しやすい。

カナタは予選通過ラインをにらみながらペースを作っていくことになる。

 

奥山が仕上げてくれた86に手応えを感じているカナタは自信を覗かせる。

 

 

月が変わって6月。

芦ノ湖GT予選初日。

全長25.3km

予選は1周。

決勝は3周。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク