こだわりを捨てた相撲を取る鬼丸に対してがっかりしたり失望したりしたが・・・

草薙はわかっていた。


スポンサーリンク


土俵の上で語り合えばそれで済むこと。

でも待ちきれなかった。

ずっとこの再戦を待っていた!!

 

草薙は

自分の横綱相撲を見せつけてやると気合を入れる!!

 

草薙が父親・大和国から教わった横綱相撲とは・・

真正面から相手のすべてを受けて、勝つ。

相手にに何もさせずに勝つという、格の違いを見せつける相撲。

強者は勝利への絶対の型を持っている。

大和国が右上手を引いた時、相手は敗北を悟り、観衆は約束された勝利を待ちきれずに声を上げた。

 

相手によってやることを変えたりしないのが、横綱の、大和国の相撲。

それは決してブレることはない。

 

鬼丸が草薙に頭をつける!

草薙は右上手を取りに行く!!

鬼丸はそれをかわして一本背負い 無刀一輪に入る!!

しかしこれはかからず。

 

鬼丸はそのまま潜り込んで足をとった!!

 

ドスンッ

 


スポンサーリンク


草薙は取られた足を踏ん張り、腰を落として足取りを阻止!!

草薙
(何でも来い!!)

 

テレビの前の國崎が叫ぶ。

止まるな!!捕まるぞ!!

 

草薙の右手が鬼丸の回しに伸びる!!

捕まった時点で負けが決まる!

 

鬼丸は草薙の右頬を張る!!

焼け炮(やけばち)!!

 

草薙には鬼丸の張り手は全く効いていない!!

 

童子切の目には草薙の相撲は強者の振る舞いとうつる。

土俵の内側は絶対に譲らないという気迫が読み取れる。

 

実際、草薙は鬼丸の張り手は暴力的で品の無い手としか感じていなかった。

これが鬼丸の精一杯なのかとおもうと残念で仕方がないと言った表情。

この相撲で横綱になると言うのか・・・

 

鬼丸の次の手は

八艘飛び(ホタルスペシャル)!!

 

こういう小技は決して横綱相撲と認めない草薙。

横綱とは、土俵深くに根を張る幹太い神木であるべき。

横綱が宙を跳ねては論外・・

 

草薙
(風にたゆたう根無し草に注連縄は巻けないぞ。)

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク