西東京都大会

青道 対 由良総合

 

3番十条のタイムリーヒットでは由良総合が先制!!

 


スポンサーリンク


 

明らかに動揺しているマウンド上の沢村!!

依然ノーアウトでランナーは1,3塁!

ブルペンの川上はいつでも行けるという表情!!

 

なんとこここで降谷が伝令でマウンドへ!

開口一番沢村に

「代ろうか?」

と言った!

 

予想もしなかった一言に沢村は驚き、

第一お前は肩作ってねえだろ!!

と適切なツッコミ。

 

監督に言えと言われてきたらしい。

御幸は納得。

どんな言葉より降谷をマウンドに寄越す方が沢村の力みが取れる。

 

守備に関しても伝令があった。

内野は中間守備。

外野は長打警戒。

4番との勝負に集中しろとのこと

 

沢村が拳を握る。

「それって・・

三塁ランナーは返っても仕方がないと・・」

 

ブルペンには川上がいるから大丈夫

と倉持が更にあおる。

 

御幸は

どれだけ点取られてもそれ以上に取ってやるから心配すんな。

とまた別角度であおる。

ぐうの音も出ない沢村。

 


スポンサーリンク


ダメ押しに降谷が戻り際

「栄純。」

と拳を握って話しかける。

「準備しておくから。」

 

沢村はブチ切れて

「去れ!

今すぐここから!!

そんでベンチで寝てろ!!

今日はお前に出番はねーんだよ。」

と怒鳴った。

 

そんなことより降谷が沢村のことを栄純と呼んだことに驚くメンバーたち。

 

なんやかやで少しはいつもの沢村を取り戻したか。

御幸の思考

ここまで打点を稼ぎまくっている4番だが・・・

スクイズにダブルスチール

ランアンドヒット

何だって仕掛けられる。

腹をくくるしかない。

 

榊監督はバッターとランナーににサインを送っている。

 

御幸から沢村へのサインは・・

アウトコース際どい所。

外れてもいいからしっかり腕を振れ!

 

沢村は頷く。

みんなが守ってくれてる。

自分はミットにめげけて投げるだけ!!

 

ストライク!!

注文通りのストレート!!

今日イチの球が出た!!

降谷効果抜群!!

 

落合コーチは

とりあえずアウトが欲しいとつぶやく。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク