徳永は二軍監督の湯浅裕二に呼ばれている。

湯浅二軍監督は印西をイースタンの試合に出したいという。

 


スポンサーリンク


 

それには徳永が反対する。

今イースタンの試合に出したら印西は終わってしまうから。

湯浅監督は、徳永と印西が二人で話して登板日を決めろと言う。

これ以上印西を塩漬けにはできない。

 

 

監督室を出てから徳永は考える。

今まで前任者の浦田ピッチングコーチが印西を試合に投げさせなかったのは半分親心。

1軍選手の印西が2軍の選手に打ち込まれたらショックを受けるだろうから・・

 

徳永はその足で印西の元へ行った。

印西は可能な限り早く投げたいと言う。

登板日はあっさり決まった。

 

徳永は印西に言えなかった。

2段モーションにして球の伸びは出てきたが、かえって打ち頃になってしまったことを。

しかし元に戻したところで元に戻るだけ。

1軍に戻ったらまためった打ちにあう。

行くも戻るもダメ。

それが今の印西。

徳永の心に監督の


スポンサーリンク


” 印西はトシに勝てるのか?”

という言葉が重くのしかかる。

35歳の印西。

ここまでプロ野球にしがみついてきたが、けっして才能に恵まれたわけではなかった。

大卒で入団して、少しずつ成績を上げて来た。

そして去年、34歳でキャリアハイの9勝8敗。

年俸も今年の5千万が最高。

頑張ってやって来たがこの才能だと35歳というトシに負ける。

むしろ35歳までよくやって来たといえる。

 

徳永はブルペンへ行き、夏之介が投げている打席に立ってみる。

今日も二段モーションで投げる夏之介。

 

夏之介の球を見て徳永が驚く!

印西のボールとは明らかに違う!!

夏之介は今年33歳。

徳永はトシを感じる瞬間はあるかと聞いた。

 

夏之介は少し考えて

一応感じていないつもりです

とやや照れながら答えた。

徳永
「うむ・・

そりゃそーだろな。」

 

33歳と35歳の微妙な違い。

夏之介はまだギリギリ復活できる年齢と感じた徳永。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク