大阪大会決勝。

7回裏、快苑の攻撃。

スコアはDL 4-4 快苑

 


スポンサーリンク


 

7回裏、ツーアウト1,3塁。

檜が好投を続けている。

集中し、落ち着いた表情。

1塁ランナーの盗塁を警戒し、何度も牽制している。

 

打席には4番田口。

ネクストバッターズサークルには今日3打点、絶好調の万年!

 

檜の思考は・・

追い込んでからの3球連続牽制で、バッターは次こそ投げてくると思っている。

そこでタイミングをどうやって外すか。

同級生の剣道部員に

呼吸ずらし

という駆け引きがあると聞いた。

去年個人で全国優勝した剣道部の大将に

スキは誘ってつくるもの

と教わった。

打者が嫌がる間を作ってスキを誘う。

絶対に次の万年に回さない!

 


スポンサーリンク


田口はバットをユラユラ揺らしてタイミングを取っている。

檜はじーっと見ている。

檜は1塁を伺いながら、田口が息を吸うタイミングを狙う。

 

田口のバットの揺れが止まり、バットを握り直した。

檜はそのタイミングを逃さなかった!

 

投球動作に入る。

田口はぎこちなくバックスイングを取る。

 

檜は、

成長したい

と願うようになってから、色々な所からヒントを見つけることができるようになった。

間合いと呼吸は武道から。

立ち居振る舞いはポーカーから。

配球は将棋から。

気がつけば周りは教師だらけだった・・・

 

田口は空振り三振!!

檜はガッツポーズ!!

 

万年は冷静に檜をたたえる。

 

万年
(あの狂犬を・・

DLはどうやって手なずけた?)

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク