大阪大会決勝。

8回裏、快苑の攻撃。

スコアはDL 4-4 快苑

 


スポンサーリンク


 

カウントは1ストライク3ボール

先頭打者万年に対して檜、楠のバッテリーは慎重に攻める。

 

楠の熱烈なファンである万年は楠の配球のくせは熟知している。

特徴は、洒落こく外す。

1打席目二塁打、2打席目場外ホームランを打っている自分に対して、普通なら正面切って勝負はしないが・・・

したたかな楠は簡単にフォアボールはくれないことはわかっている。

1、2球目は内角にストレート。

3,4球は連続で緩いカーブ。

となると、次は内角に速い球がセオリー。

 

(そこから楠さんなら3つ4つ捻り込む。

この場面はフォアボール、最悪単打でもOK

高めはコントロールが狂えば長打のリスクがある。)

 

万年は次の球を絞り込んだ!


スポンサーリンク


 

楠のサインに檜は頷く。

見ていた狩野も

(なるほど・・・

今日の檜なら安心や・・・)

 

内野陣は後ろ手にグッパーして外野にサインを送る。

マリオ
「OK

そこ決まればあっちはないな。」

ルイージにサインを伝える。

 

檜が投げた!!

万年の読み通りアウトローの直球!!

キレもコースもカンペキ!

しかし!

万年は踏み込んで見事にとらえた!!

万年は少々ブスでもイケるクチなのだ!!

 

鋭い打球は右中間へ!!

完全に抜けるかと思われたが・・

センターのマリオがダイビングキャッチ!!

超絶ファインプレー!!

 

マリオ
「マッキーの太い方でデコに大きく書いとけ、弾丸小僧。

敵は9人也って。」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク