前回最後、ページワンに対峙したサンジがレイドスーツの缶を取り出した!

これには変装の意味もあるというサンジ。

ページワンは何かの缶詰か?と言っている。

 


スポンサーリンク


 

本当は身元がばれるのを防ぐ為に戦いたくなかったサンジだが、あのまま放っていたら町が壊されていたので仕方がない。

ローは

「町なんか放っておけばいいものを。」

というが、サンジとしては見過ごせない。

 

サンジ
「四皇との戦いだ・・・

意地はって人を救えねぇ状況もあるかもしれねえが

プライド捨てりゃ救える命もあるかもしれねェ・・・

もしコイツにそんな力があるのならな!!」

 

サンジはそう言ってレイドスーツの缶に手をかけた!!

 
サンダバ ダバ ダバ ダバ ダバ♪

と音楽が流れて缶が回転!!

そしてサンジの服が脱がれてサンジが光に包まれる!!

変身した姿は・・・

黒マントに黒マスク!!

カッコいいその姿は・・・

悪の軍団 ジェルマ66のNo.3!!

ステルス・ブラック!!

(ノースブルー出身のローが解説)

 

ステルス・ブラックはカッコいい名前だが、サンジは気に入らない!

なぜならジェルマが嫌いだから。

自分で考えた名前は・・・

おそばマスク!

ダサすぎてフランキーから命名権を俺にくれと言われる。

 


スポンサーリンク


サンジは屋根の上からページワンを攻撃!

カカトに加速装置がついている。

ページワンはサンジに噛み付こうとするが姿が見えない!

あたりを見回していると・・

 

ドゴォン!!

 

サンジがページワンの腹に体当たり!!

ページワンにはサンジの動きが全く見えていない!

 

サンジが速すぎて見えないのかと思ったら、そうではない!

再びローが解説。

ステルス・ブラックは姿を消せる厄介な戦闘員。

全身に背景を投影して目に映らなくなる!!

 

サンジ自身も自分の姿が消えたことに驚く。

もともとサンジは透明人間になるのが夢だった。

それが、アブサロムにスケスケの実を食べられて一度夢はついえた。

それが、サンジの大嫌いなジェルマの科学の力で夢が叶うとは・・・

皮肉だがうれしい!

これで女湯にも入り放題だし、仲間の役にも立つ!!

 

などと考えているとページワンにぶっ飛ばされた!!

サンジがぶつかって建物が破壊されてしまうが、サンジは無傷!

マントが盾になっている!

カカトに加速装置

足の裏に浮遊装置

そして透過!!

これがレイドスーツの力!!

 

サンジは続けて上空からページワンを攻撃!!

ローたちは先にえびす町へ行く。

このままここにいては騒ぎが大きくなって追手も来るだろうから。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク