琵琶湖のほとりに集まる成尋衆の4人。

孔雀啄
「おうみを臨むこの地より・・・

真の歴史が始まる。

我ら成尋衆の手によって。

今から血が昂って仕方がない。」

夜叉至、涅哩底王(ねいりちおう)、輪廻孫六も伊賀甲賀との戦いを望んでいる。

 


スポンサーリンク


 

家光の腹心が伊賀甲賀をこの地に寄こすことは必定。

何より狂儡(くぐつ)の術が切れかかっている。

「そう・・・我らはすでに分かち難い因縁で結ばれておる。」

と言いながら、成尋が現れる。

「時は満ち、器は完成した。

さあ、鬨の声を上げるとしよう。」

八郎達伊賀甲賀の忍者が森の中を走っている。

八郎は胸に響を抱えている。

現在の位置は紀ノ川を過ぎたあたり。

近江の国まではあと20里以上ある。

天海は滑婆、宗矩は甲羅式部がおぶって走る。

近江までは3刻ほどか。

天海は、人を背負いながらも約時速13キロ(20里を3刻)で走りつづける忍者に驚いている。

八郎達は、天海に成尋衆についての情報を要求する。

快く応じる天海。

成尋衆の目的について。

・ひとつは八郎と響を手中にすること。

・もう一つは徳川家の財力。

家光をうまく言いくるめて、城を建てた。

その城の名は ” 鳳輦車 ”

※鳳輦(ほうれん)は、天皇が出御される際の御輿。
元々は天皇の正式な乗り物だった。

根来転寝
「奴らの腹は読めてきた。」

神になろうとした織田の残り火・・・


スポンサーリンク


成尋衆の次に目指す地は・・・

高台の上から目的地の方向を臨む八郎達。

何やら大きなものが木々をなぎ倒し動いている。

あれは・・・

城!?

そうまさに ” 鳳輦車 ”!!

天守閣(五重塔?)の下にキャタピラをつけて移動可能にしている。

伊賀甲賀の忍者たちも圧倒されている。

成尋
「神を失った京を再興させるは我をおいて外になし。」

成尋衆は京へ向かっているのだった!!

——11話ここまで。

バジリスク桜花忍法帖 12話に続く

アニメ・バジリスク桜花忍法帖配信中!!

バジリスク甲賀忍法帖も見れる!!

31日間は無料だからまだの人は試してみて。

U-NEXT

 
 

 

〇感想

移動可能な城って・・・

あまり意味ないような・・・

城って、その周り(堀とか、立地とか)が大事なんだと思うけど。

でも成尋衆の作った城だから驚きの仕掛けが満載だとは思います。

 
大人をおんぶして80キロを6時間で走るって

フルマラソンを3時間くらいか・・・

凄すぎる。

おんぶしてなければどれくらいのタイムが出るんだろう。

※1刻は江戸時代では2時間という事です。
(時代によって違うみたいです)


スポンサーリンク