アジアカップ準々決勝!

日本対UAE戦 

後半の残り時間僅か!

日本 1-1 UAE

 


スポンサーリンク


 

日本のコーナーキック。

蹴るのは志村。

ブランが通訳に話す。

「確かにUAEは素晴らしい集中力で我々の決定機を阻止してみせたかもしれない。

しかしウチのこのCKだって、城島の見事なボール奪取から・・・

椿と畑の息の合ったカウンター・・

そして花森の勝利への強い執念が生み出したものだ。

我々日本代表の思いがつないだこのチャンス・・

今こそゴールに結実させよう。」

 

椿は花森の言葉を思い出す。

”想像しろ・・・

深夜の日本から送られる・・・

割れんばかりのニッポンコールと花森コール・・

お前達への声援だってあることを。”

 

椿は応援してくれる人、ETUの人たちのことを思い浮かべる・・


スポンサーリンク


そして

残り少ない時間で必ずゴールを決めることを心に誓う!

 

イスマイールはゴール前から離れ、少し中央寄りに立つ。

後半も残りわずかになってさすがに疲れを感じている模様。

しかし、日本の奴らよりはまだ動けると気合を入れる。

(頼むぞ仲間たち・・

なんとかここをはね返してくれ!

そうすればこのイスマイールが・・

日本の息の根を止めるゴールを叩き込んでやる!!)

 

笛が鳴り、志村がゴール前にあげる。

ナイスボールだ!

越後がヘディングに行く!

しかしUAEのディフェンダが高い!

ヘッドでクリアされる!

 

こぼれ球をUAEがクリアするが、それを田辺が拾う!

田辺は右サイドの畑へ!

畑がセンタリング!

花森が頭で合わせようとするが、キーパーがパンチングでクリア!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク