——

1989年に起きた大量さつ人事件をめぐるクライムサスペンス。

ここまでのあらすじ

主人公の田村心(28)の父は1989年6月24日に起きた音臼小無差別大量さつ人事件の犯人。
(本人は今も拘置所で無罪を主張。)
母親、そして姉、兄と共に加害者家族として辛い生活を強いられている。


スポンサーリンク


心の嫁は出産時に命を落としてしまうが、子供は無事に生まれる。
嫁の遺品を整理していると、事件について調査していたノートが出てきた。
それを見ていると、”冤罪の可能性あり?”の文字が。
心は真相を確かめるべく、父親のいる北海道の拘置所、それより先に同じ北海道の事件現場、音臼村を訪れて見ることにする。
心が事件の犠牲者の慰霊碑の前に立つと急に霧が立ち込め、当たりが見えなくなる。
そして霧が晴れると目の前に音臼小学校が現れた!
そして時間も1989年1月7日にタイムスリップしてしまっていた。
偶然、小学生の女の子の命を助けるが、それは自分の姉・鈴であることが分かる。
そしてその女の子を病院に届けるとそこで当時警察官だった自分の父、佐野文吾にあう。
また、そこの病院で院長の次女、三島千夏ちゃん(5)にあう。
嫁のノートからその子がまさにその日、誤って除草剤(パラコート)を飲んで命を落とすことを知った心。
その子を救うため、病院の倉庫にあったパラコートを捨てる。
しかしその日のうちに千夏はしんでしまう。
心は、パラコートを所持して千夏と一緒に歩いていた佐野文吾を犯人ではないかと疑う。
ある経緯から佐野の家に滞在している心の元を道警の捜査一課の刑事が訪ねて来る。

主な登場人物

田村心・・主人公。1989年生まれの28歳。
佐野文吾・・心の父で大量さつ人事件の犯人として服役中。
佐野和子・・文吾の妻、心の母。
佐野鈴・・心の姉。12歳上。
佐野慎吾・・心の兄。6歳上。

——

佐野家にいる心のもとへ捜査一課の金丸という刑事が訪ねてきた。
佐野からの連絡をうけて、千夏ちゃんの件で話を聞きにきたのだった。

子供たち二人も出てきた。
愛想よくして金丸からお年玉をもらおうと思っているようだ。

佐野はトイレ中で、金丸は先に心を連れて駐在所に向かう。
駐在所に入ると、金丸は早速心の取り調べを始める。
まず心に身分証を見せろと言う金丸。

その頃、トイレの中と外で佐野と妻・和子が話をしていた。

和子
「アンタ、金丸さんに帰ってもらってよ。」

佐野は少し間をおいてから
「今回の雪崩、心さんは時間と場所を知っていた。
千夏ちゃんがパラコートを飲むことも。
もしかしたら知っていたんじゃないか?」


スポンサーリンク


和子「は?」

佐野はそれならすべて説明がつくと言う。

金丸による取り調べが続く。
「三島医院の倉庫から除草剤をとったのはアンタだ。
見たものがいる。
アンタ、千夏ちゃんをころしたんじゃないの?」

心は答えを考える。
(パラコートをとったことは言うべきじゃない。
俺は明らかに不審人物だ。
容疑者として捕まってしまう可能性もある。
もしも・・・)

心は、佐野が事件当日千夏ちゃんと歩いていたこと、佐野がパラコートを持っていることを話そうかと考える。
しかしそれでは家族がまた加害者家族になってしまう。
心が考えこんでいると、そこに鈴と慎吾が入ってきた。

遠回しに金丸にお年玉を催促する慎吾。

金丸のとった行動は・・

金丸は左手に十円玉、右手に一万円札を持ち、
「どっちが欲しい?」

極端な選択に気後れしたのか、

慎吾
「いらない。」

それなら自分の勝ちだと言う金丸。
「生きていると、時々向こうから選択肢がやって来ることがある。
それをチャンスという。
今君たちには三つの選択肢が見えていたね。
一万円を取る道、十円を取る道、断る道。
そしてもうひとつの道。
両方奪う道だ。
チャンスをものにするというのはそういうことだ。」

そこに佐野夫妻が入ってきた。

金丸が心の持ち物を見せてくれと佐野に言うと、

佐野は、昼間の雪崩に心のかばんが巻き込まれて紛失してしまったと説明する。

金丸は信じていないようだが、

金丸
「まあいい。
で、佐野さん、拾ったパラコートっていうのは?」

佐野
「すみません金丸さん・・・
あれ・・勘違いでした。
実はパラコートじゃなかったんです。
パラコートの容器に似た洗剤でした・・
わざわざ来ていただいたのにすみません・・」

やはり信じていない表情の金丸。

この答えに心は驚く。
(拾った?あのパラコートは佐野の物じゃなかったのか?)

金丸は帰り際に心に向かって
「田村さん・・・
私にはね、選択肢がいくつもあるんですよ・・・
また伺います。」

——10話ここまで。

テセウスの船編 11話に続く

〇感想

佐野は心がタイムスリップした存在であることに気づいたのでしょうか。

そして心をなぜかばったのか?

金丸の言う選択肢とは何なのかが気になります。

9話の内容だけど、カセットテープに犯行記録を吹き込んでるのは一体誰?

そいつが大量さつ人事件の犯人なのでしょうか。


スポンサーリンク