研修医編 1話はこちら

–研修医編 第6話(9巻収録・TRACK27)あらすじ

サクラは来てくれた。

だが時間がない。

四宮はゴローにサクラの横に着くよう指示。

まだ震えているゴローに

四宮
「お前が助けてここに連れて来たんだろ。
産科医になるにしろならないにしろ、医者なら患者から逃げるな。」

 


スポンサーリンク


 

決心のつかないゴローは置いておいて、

し戦期帝王切開が始まる。

麻酔なしでそのまま切るぞ!!

執刀医は四宮。

サクラが第一助手。

加瀬は心臓マッサージを継続。

ゴローは意を決して手袋をはめ、ガウンを纏う!

遅れてNICUの今橋と白川が到着。

し戦期帝王切開とは・・

産科医にしかできない、究極の心肺蘇生術。

心肺停止となった妊婦を分娩させ、母体への血流を回復させる。

通常の蘇生に対し心肺停止から4分反応しない場合・・

母体蘇生のために施行を決断する。

その決断をする際は・・

・まず母体救命の可能性があること。

・妊娠子宮が母体の血行動態を悪化せていると思われること。

・妊娠20週以降であること。

・そして母体救命が目的の帝王切開のため、胎児のせいしは問わない。

・ただ、胎児の予後を考慮する場合、母体心停止後、5分以内の娩出が望ましい。

5分経過!!

赤ちゃんが出た!

NICUに渡される。

ルートをとる。

そして挿管!

赤ちゃんはぐったりして泣かない。

立花さんの蘇生が続く。

サクラ
「ここにいる全員が今思っていることは一緒なんだ。

絶対二人とも助ける!!」

四宮とサクラによる閉腹。

加瀬による懸命な心臓マッサージ!

加瀬
「ここに運ばれてきた患者は・・・

まだしんじゃいけない人間なんだ!」

6分経過!

チェック!

心電図を見守る・・・


スポンサーリンク


来い・・・

来い・・・

来い・・・

来い・・・

来い・・・

来い・・・

来い・・・

来い・・・

くそ・・・

これ以上時間が経ったら・・・

加瀬

「動けよ!!」

ピッ・・・

ピッ

ピッ

来たーーー!!

やるべきことはやった。

赤ちゃんは引き続きNICUで診る。

立花さんは集中治療室での治療となる。

産科チームと加瀬、船越はベンチで話す。

船越が、立花さんは加瀬の大声に驚いて心拍が戻ったと言っている。

加瀬本人は大声を出した自覚はない模様。

それにしても・・

心臓は動いたが、意識はまだ戻っていない。

今のところ、人工呼吸器で血圧も呼吸も安定はしているが・・・

これから脳の腫れも出てくるだろう。

それが引くまでは集中治療室での治療が必要。

ゴローは、このまま意識が戻らなかったら、自分がAEDを使った意味あるのかと言っている。

それに対して四宮の答えは

「あるに決まってんだろ。」

たしかに立花さんは再び心停止を起こした。

しかしそれが起きた場所が病院だったという事、

胎児も37週で週数が経っていたから、望みが持てた。

ゴローがAEDを使って蘇生させてここに連れて来たことが大事だったという事。

5日後・・・

立花さんの赤ちゃんは口に入っていた管が取れた。

元気に育ってくれそうな希望が出てきた。

後は立花さん。

集中治療室で旦那さんが奥さんの手を握っている。

「お願いだよハナ子・・・

お願いだから起きて、そう、そんな風に目を開けて・・

ん・・?」

ハナ子さん、目を開けて旦那さんを見ている!

意識が戻った!!

旦那さんは近くにいた加瀬に報告する。

–研修医編 第6話 ここまで

 第7話に続く

〇感想

よかった、奇跡が起きました!!

とはいえ2回心臓が止まっての蘇生・・・

なにか後遺症が出なければいいのですが。


スポンサーリンク