研修医編 1話はこちら

 

–研修医編 第7話(9巻収録・TRACK27)あらすじ

集中治療室のハナ子さん、目を開けて旦那さんを見ている!

意識が戻った!!

旦那さんは近くにいた加瀬に報告する。

 


スポンサーリンク


 

加瀬は産科に連絡する。

電話に出たのはゴローちゃん。

立花さんの意識が戻ったと聞いて、ゴローの顔が一気に晴れる。

ゴローは急いで加瀬の元へ。

抜管後も落ち着いている。

脳の腫れもすっかり引いて、後遺症もなさそう。

明後日には一般病棟にも戻れるのと事。

今後の対応としては、植え込み型除細動器を手術で入れることになる。

※植え込み型除細動器とは、身体の中にいれるAEDみたいなもの。

赤ん坊の経過もいいし、奥さんの退院も見えて来た。

病院で起きた心停止とはいえ、し戦期帝王切開でここまで経過が良いのは奇跡に近い。

と、加瀬。

ひょっとしてゴローちゃんはもってる男?

産科クビになったらいつでも救命へおいで~と言って加瀬は歩いていった。

ゴローがベンチで黄昏ているとサクラが声をかけて来た。

サクラの耳にも立花さんの意識が戻ったことは当然入っていた。

ゴローによかったね、と声をかけると、

ゴローはホッとして気が抜けてしまったという。

そして唐突に

「オレ、産婦人科に向いてますか?」

とサクラに聞く。

サクラは少し考えて、ゴローを食事に誘う。

夜、レストランで向かい合って食事をしているサクラとゴロー。

ゴローは今回の事で初めて医者になってよかったと思ったと、笑顔でいう。

産婦人科の家に生まれて、産科医になることに何も疑問を持たずに生きて来た。

しかし、研修で色んな科を回ってみて、他の科にも興味がわいてきた。

そして自分は産科に向かないんじゃないかと思い始めたという。


スポンサーリンク


サクラは、前にもそんな奴がいたという。

そいつは逆に、父親と同じ産婦人科には絶対行かないって言っていた。

救命や外科を希望して頑なに産婦人科を避けていた。

でもそいつは結局産科に行ったという。

なぜか。

多分・・親は関係ないと思えるようになったんじゃないか。

そう思えれば、産婦人科だって選択肢の一つでしかなくなる。

産婦人科しか考えていなかったゴローだって、他の科が選択肢に入っているのは自然な事。

今は色んな科を回って幅広い診療を身につければいい。

それで自分の道が見えてくるってこともあるだろう。

それでも迷ったら、結局産婦人科医になった彼に聞いてみたらいい。

その彼とは・・・四宮。

ゴローは四宮の言葉を思い出す。

無茶でも無理でもやるんだよ。

お前も産科医の息子だろ。

産科医になるにしろならないしろ・・・
医者なら患者から逃げるな

ゴローの誘いで二人はゴローの行きつけのピアノバー”Barron”に行く。
(実はここはサクラも昔通った店)

ゴローは学生の頃、いつもここでピアノを弾かせてもらっていたという。

マスターに挨拶をして、少し話をすると、ゴローは店のピアノを弾きだす。

ここでサクラは改めてマスターに再会の挨拶。

10年ぶりだという。

ゴローの弾くピアノを聴いて、サクラは驚く。

上手い。

マスター曰く、ゴローは何をやっても器用だと言う。

ピアノも、ベイビーのタッチを完璧にコピーする。

テクニックはある。

だが、そこで満足してしまっているところもある。

ベイビーと違って貪欲な所がない。

そこがベイビーのピアノと違ってドキドキしないところ。

育ちがいいせいか。

 

しばらくピアノを聴いて、サクラはぽつりと

「ゴローくんはいい医者になるかもしれませんよ。」

そしてマスターは、

「今日はなんか・・嬉しそうな音を出しているな。」

–研修医編 第7話 ここまで

 第8話に続く


スポンサーリンク