セクター3に入る直前、

さらにペースを上げると無線を入れて来たカナタに相葉がキレた!

「コースを知らない奴が攻めたら、命を落とすぞ!!」

しかしカナタは

頭の中にコースの動画があるから大丈夫と言って無線を切ってしまった。

カナタはスピードを上げてダウンヒルに突っ込んでいった。

 


スポンサーリンク


 

ゴールまで標高差864メートルあるパイクスピークのダウンヒル。

いくらテクニックのあるカナタでも初めて走るコース。

果たして・・・

 

相葉は、戻ってきたら絶対殴る、と拳を固めながらもカナタのことを大好きになってしまっていた。

学校で教わった技術があるとはいえ、サーキットと自然が作ったダウンヒルの恐ろしさは別もの。

(わかってんのかカナタ!!)

相葉の心配をよそに、カナタはハイペースで、そしてキレイにコーナリングをしながら急こう配を下っていく。

現在45位。

チェックポイントを通過するたびに順位が上がっていく。

オガタは目を丸くしている。

相葉曰く、

この辺りの順位にいる上位ランカーは実力が拮抗している。

だから僅かなタイム差に沢山の車が密集している。

とのこと。

本部の上有も食い入るようにモニターを見ていた。

(すごいなこれは・・・

さすがは伝説のダウンヒラーと言われた男の教え子・・・)

カナタ現在42位。

よく見ると、コーナリングする時車体が少し揺れている。

相葉
(86がまるでレーシングカーのように見える。

いつスピンしてもおかしくない。

いや・・


スポンサーリンク


半分スピンさせながら走っているのか・・・

こんなギリギリのダンスを最後まで踊る気なのか!?

気は確かか・・カナタ・・!?)

カナタは本気で予選を通過するつもりだ・・

相葉がそういうと、オガタは

「神フィフティーンを目指すってかぁ!?」

それは無理。

だいいち86!!

しかし反対に相葉はいけそうな気がしてきている。

こうなったらブレーキをかけさせるようなことを言わずに、

むしろ高いモチベーションを維持させた方がかえって安全。

それがドライバー心理。

ここで相葉がオガタにある作戦を授ける。

それを聞いたオガタは、

そんなけしかけるようなことを言って、

あんないい奴にもしものことがあったら・・

と躊躇する。

しかし

「あいつはお前が想像できる範疇のドライバーじゃないぜ。」

根本的に何かが違う、と感じている相葉。

相葉の言葉を信じて、オガタがカナタに無線を入れる。

「一方的に伝える。

応答はいらない。

残りは26台。オーバー。」

それを聞いたカナタ

(グッジョブ。オガタさん・・

欲しかったのはそれだけです。)

セクター3に入ってからのポジションアップに実況も驚いている。

しかしその走りはあまりにも危険とも。

 

小田原パイクスピークのデスエリアが迫る!!

 

——9話ここまで。

エムエフゴースト 10話に続く

〇感想

ヒリヒリするカナタの走り、たまりません。

相葉によるオガタのサポートが的を射ていて気持ちがいい。

パイクスピークのデスエリアをどう走るのか。

楽しみで仕方ないんだけど、来週はお休み。
 


スポンサーリンク