–長期入院編 第9話(11巻収録・TRACK32)あらすじ

屋上でサクラと四宮が話している。

西山さん夫妻の件。

赤ちゃんの心拍が止まった原因はわからなかった。

 


スポンサーリンク


 

解剖は夫妻が望まず、結局夫妻が納得する原因を伝えられなかった。

四宮は仕方ないという。

22週以降のし産の4分の1は原因不明。

産科医にも分からないこともある・・

 

西山さんの退院は明後日とのこと。

西山さんの病室にアカリちゃんが運ばれてきた。

退院するまで母子同室。

それまで夫妻は少しでもアカリちゃんとの思い出を作ろうとする。

抱っこしてあげたり、

沐浴してあげたり、

手形、足型をとってあげたり・・・

サオリちゃんは鶴を折っている。

アカリちゃんのお棺に入れてあげるつもりだ。

寂しくないようにたくさんおってあげる。

 

西山さんの退院診察が終わり、

小松が祈りの部屋の準備にかかる。

七村ママが廊下を歩いていると、西山さんを見かける。

事情を知らない七村さん。

出産を終えたと聞いて、「赤ちゃん元気?」といってしまう。

西山さんは「カワイイよ。」と答える。

いたたまれなくなった西山さんは退院の準備があるからと行こうとする。

七村さんは

「出産が終わって少し落ち着いたら西山さんのお店に寄らせてもらうわね。


スポンサーリンク


私も子供もご主人のプリンのファンだから。」

と西山さんの後ろ姿に声をかける。

西山さんは振り返って

「元気な赤ちゃん産んでね。」

 

その後、すれ違った看護師の話から、七村さんは西山さんの赤ちゃんが亡くなったことを知る。

知らなかったとはいえ、

自分が残酷なことを言ってしまったことの後悔と、

西山さんの心の内を思うと涙が止まらなくなる七村さん。

祈りの部屋でアカリちゃんと最後のお別れをする西山さん夫妻。

天井が高く明るい部屋に、花や折り鶴がたくさん入ったお棺の中で静かに寝るアカリちゃん。

旦那さんがアカリちゃんのためにバースデーケーキを作って来た。

” アカリおめでとう
  ママありがとう  ”

とチョコレートで書かれたメッセージカードが載った、

綺麗ななケーキ。

西山さんは涙が止まらなくなり、旦那さんに支えられてお別れを終える。

 

そして西山さんがアカリちゃんを抱っこして火葬場へ向かう。

途中より道をして自分たちのお店をアカリちゃんに見せてあげた。

–長期入院編 第9話 ここまで

第10話に続く

〇感想

七村さんと西山さんが話すシーンがあまりに切なくて・・・

赤ちゃんが亡くなっていることが言えずに、

七村さんに「元気な赤ちゃん産んでね。」

といった時の西山さんの表情が哀しすぎます・・・


スポンサーリンク