–産科医・下屋編 第6話(12巻収録・転科)あらすじ

今日から下屋は救命。

期間は1年間。

 
 


スポンサーリンク


 

サクラと小松が廊下を歩いていると、ショートヘアの見慣れない女医が歩いてきた。

とりあえず挨拶をするが・・・

よく見ると下屋!

二人「え゛~~」

下屋は救命救急の部長に挨拶する。

歯に衣着せぬ物言いをする部長だが・・

救命部長
「・・・まさか、下屋先生がウチにきてくれるなんてねぇ・・・

でも1年で産婦人科に戻りたいってコトなんだよね?」

下屋は、1年というのは目安。

必要なら延長するというが、部長が言ったのは、

1年だけかよという嫌味ではなく、

1年ももたないという意味。

「せいぜい1週間かな。」

ゴローと四宮が下屋の転科について話している。

四宮は、下屋は当分使い物にならないだろう、と言っている。

医者が転科するということは、楽器でいうと、プロのピアニストがプロのドラマーを目指すみたいなもの。

医師が科を変えるっていうのはそれくらい大変な選択。

早速、下屋は脱臼患者の診察を任されるが、全く対応できない。

まず、若い男に触ること自体久しぶり。

結局あたふたしているところを部長に助けてもらう。

加瀬
「脱臼くらい自分で整復できるようにしとかないと。」

交通事故で全身打撲の7歳男児が運ばれてきた。

痛みや刺激にかすかに開眼する状態である。


スポンサーリンク


下屋はライン(点滴)をとるよう指示されるが、血管がどこかわからない。

部長
「まあ、しょうがない、しょうがない。
どうせ妊婦のルートしかとれないんだろ?」

その後、心停止→心肺蘇生法→除細動→鼓動再開の間、下屋は何もできず。

手術も終わり、屋上で加瀬と休憩。

加瀬
「助かってよかったなー。
脾臓も破裂してたし・・・あんだけの出血頭が何もなく済んだのは本当、キセキだぞ。」

下屋
「・・・」

子供や老人の血管は妊婦とは違う。

妊婦の血管は若くてハリもある。

さらに血流量も増えているから、血管も浮き出ていてルート(点滴)も取りやすい。

子供や老人は血管が細いし、ショックで脈がとれなくても、なんとかして確保しなきゃならない。

「まぁ、これからだ、下屋先生!」

といって、加瀬は下屋の背中をたたく。

下屋は、自分のことは呼び捨てにしてくださいという。

「時間の無駄なんで。」

加瀬
「1年でなんとかモノにしなきゃなんねえしな・・・

シゴかせてもらうよ。

長い1年になるぞ、下屋。」

下屋
「はい。」

男性から救急車の要請が入る。

昼ご飯を食べようとしたら、妊娠中の妻が急に気を失ったらしい。

–産科医・下屋編 6話 ここまで

7話に続く

〇感想

いや~、大変そうですね、下屋先生。

また研修医に逆戻りみたいな感じですね。

でも今度運ばれてくるのは妊婦。

救命で初の活躍!

となるのでしょうか。


スポンサーリンク