恭一の車で鳥栖が連れてこられたのは工場・・・!?

ではなく、その前に止まっているキャンピングカー。

 


スポンサーリンク


 

中には人相の悪い男が4人ほどテーブルを囲んでいた。

その中の一人が

「チェンソーの鳥栖哲雄とその取り巻きか。

俺は竹田だ。」

と自己紹介。

 

鳥栖の取り巻きと言われて、恭一はころすぞ、と言って竹田を睨みつける。

仲は悪そう。

竹田が状況と、これからやることを説明する。

・延人が逃げた。

・延人は使えないからそのこと自体は問題ないが、麻取義辰の件があるので調べなくてはならない。

・延人らしき映像に関して、投稿者その他、電子的な調査は専門の業者に任せてある。

・このチームでやらなくてはならないのは映像そのものからの物理的なアタック。

・動画内で流れているラジオから、昨日の夕方に撮影されたものだとわかった。

現在、撮影から半日ちょっと。

鳥栖がアップロードしたこの映像。


スポンサーリンク


田端の目に触れるとまずいので、組織の人間だけにピンポイント的に見せる必要があった。

そこでSNSのアカウントから響にダイレクトメッセージを送った。

内容は

”今俺はへまをして組織から逃げている。

この映像はダチに頼んで居場所をかく乱するために作ってもらったニセ映像。

今俺はここにはいないから、組織に知らせてくれ。 ”

延人が無事だと思って涙する響・・・

響の話になり・・・

恭一と鳥栖は何日か前に会っている。

その時は大した話はなかったが・・

恭一のいない所で鳥栖は響と話していた。

恭一になんの話をしていた?

と聞かれると、

鳥栖は、

娘の話をしたり、延人のことをもっと聞こうとしたけれど、特に収穫はなかったと答える。

竹田は、

響は延人のSNSの存在を前から知っていた。

その経由で書き込みを見つけたらしい、と言っている。

 

特に怪しまれていないので、鳥栖は一安心。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク