米国打線に挑む成宮&御幸バッテリー。

超重量打線を抑えることはできるのか?

現在スコアは米国5-3日本

8回表、米国の攻撃。

御幸のリードはストレート中心。

 


スポンサーリンク


 

記者たちがざわついてる。

成宮と御幸。

禁断の組み合わせ。

アクシデントとは言え、国友監督も思い切った。

ライバルチームのエースと4番でキャプテンがバッテリーを組むなんて・・・

 

重量打線を相手にストレート中心の強気のリード・・・

成宮も御幸のリードを気に入っている様子。

(強気だねぇ・・・

相変わらず。)

 

チェンジアップが頭にあるのか、成宮の球が想像を超えているのか・・

全然タイミングが合っていない。

 

成宮はくすっと笑い、

(一也らしいよね・・

バッターの神経逆撫でする嫌なリード。)


スポンサーリンク


御幸
(好きだろ?

ねじ伏せるの。)

 

成宮は、そんな簡単じゃないのに・・

と文句を言いながらも渾身のストレートを高めに!

 

空振り!

バッターアウト!!

 

この打者をストレートだけで押しき切った!!

一発のある怖い打者だったのだが・・

 

峰記者は、この交流試合においても勝負にこだわる国友監督の姿勢について・・・

日本を代表するチームの指導者として、戦う姿勢を選手たちに示したと考える。

 

成宮、御幸バッテリー。

次の打者にはチェンジアップを混ぜる。

悪魔的落差の成宮のチェンジアップ。

米国のバッターは全く打てない。

悪い夢でも見ているかのようと言っている。

そして球威のあるストレート。

何とか当てるも、内野ゴロ。

これでツーアウト。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク