スコアはDL6-3早実
 
現在9回裏、早実の攻撃。

檜が急に乱れて3者連続フォアボール。


スポンサーリンク


ワンアウト満塁の場面で8番馬場。

打った!

大きな当たり!

センターのフェンス直撃!

走者一掃のタイムリースリーベース!!

王者の意地 6対6の同点!!

  

檜は天をあおぐ。

宮田はガッツポーズ

 

ここで狩野はタイムを取る。

マリオとルイージが檜を罵倒する。

「二度とマウンド上がるなカス!!」

長野も怒りで震えている。

王者からひっしにもぎ取った点が一瞬で水の泡。

練習試合なので延長はない。

金星が消えた。

 

狩野がマウンド上の檜に歩み寄る。

狩野
「8番やからってナメてたやろ・・・」

 

檜は、狩野のリードのせいにする。

 

もはや処置なし。

狩野は悲しそうな目で檜を見る。

 

次の檜の言い訳は・・


スポンサーリンク


・練習試合じゃ本気が出ない。

・公式戦ならビシッとと抑える。

 

狩野は何も言う気になれず、背中を向ける。

そして間をおいて

狩野
「この1年、お前はDLで何を感じて何を学んだんや・・・

オレが惚れた最高のエース檜研志はしんだ・・」

怒りの檜、次の打者を空振り三振に取る。

抑えりゃ天才、打たれりゃクズ・・・

結果にものを言わせてやると気合を入れる檜。

 

次の打者は1番・宮田。

 

状況は

ツーアウト3塁。

三塁走者還したらサヨナラ。

 

宮田が狩野に話しかける。

・甲子園優勝校を利用してチームを強化するとは・・
相変わらず発想が奇天烈。

・自分たちは打倒DLを掲げて天下取りに燃えてきた。

・そして甲子園優勝。

・もうDLの時代は終わった。

「練習試合であろうが王者のプライド懸けて!!

お前らの首を全国に晒す!!」

 

 

 

次ページへ


スポンサーリンク