2ページ目

 

 

エリザベスは、出来れば全員に生き残って欲しいという。

 


スポンサーリンク


 

誰も傷つけずに済むならそうしたい。

それは甘い考えかもしれないけれど

誰かがあなたたちの無事を願っていることだけは忘れないで欲しい。

 

すっかり頼もしくなったエリザベス。

ホークが

出会った頃のドジなエリザベスちゃんはもういないな・・・

と思ったとたんに、エリザベスは石につまづいてこける。

 

ディアンヌはエリザベスを起こしながら、

四大天使最強のマエルが称賛するわけだ、と言う。

 

ここでゴウセルが、巨大な反応が接近してくるの察知!!

皆身構える。

この気配は・・・


スポンサーリンク


十戒!間違いない!!

 

しかし気配は一つ。

ハウザーはレッドローズの陣形を指示。

 

ドンッ

 

十戒が着地して大きな砂煙に包まれる。

砂煙の中から出ていたのは・・・

モンスピートを失い、失意のデリエリ!

今にも泣きそうな顔をしている。

 

エリザベス
「デリエリ・・・あなたなの?」

 

——260話ここまで。

七つの大罪 261話に続く

 

〇感想

すごい!

エリザベスは最強の衛生兵!!

しかも相手の戦意を喪失させることもできるとは。

でも最上位魔神には敵わないのか・・・

 
デリエリは完全に戦意喪失しています。

ほんと、迷子の子猫のよう・・・

 


スポンサーリンク