2ページ目

 

  

エマ
(私はまだ望む未来を叶えてない!!)

 


スポンサーリンク


 

仲間たちが驚いた顔で立ち上がったエマを見る。

 

エマが今手にしている銃はシェルターでレイと選んだもの。

(そうか・・そうすれば・・・)

 

エマはある作戦を思いつくが、声を出すことができず、伝えることができない。

 

仲間たちは依然レウウィスを包囲しての一斉射撃を続けている。

 

エマ
(そう・・それがいい。

それがいい!!)

エマはレウウィスに狙いを定めて銃を撃った!!

 

回復したレウウィスは一斉射撃をものともせずに銃弾を止めている。

レウウィス
(問題ない、止められる。

これで終わりか。名残惜しいな。)

 

その時レウウィスは多数の銃弾の中に変わった形のものが一つ混じっていることに気づく。

発射元はエマ。

エマが持っている銃も変わった形をしている。

 

まさか

 

レウウィスはハッとする。

まずい。

あの弾は恐らく・・・

 

カッ

 

閃光弾が炸裂!

(やられた。)

レウウィスは自らが詰んでしまったことに気づく。


スポンサーリンク


 

ここに来てまた別の閃光弾。

目を閉じれば他の弾を食らい、

目を閉じなければ閃光を食らい、他の弾も食らう。

だが、すでに消耗を重ねた今のレウウィスはこの数の弾を受けたら再生は無理。

 

私の負けだ。

 

レウウィスは蜂の巣になる。

 

レウウィス
「やはり人間は良い。」

 

ズボッ

 

レウウィスの目の奥の核を撃ち抜いたのはオジサン!!

屋根の上から狙った!

 

遂にレウウィスが倒れた。

 

——93話ここまで。

約束のネバーランド 94話に続く

 

〇感想

エマがレウウィスの爪で身体を貫かれて

前回の感想でこれ、どうなっちゃうの?と書きましたが、

生き返っちゃうのでした。

エマはしんでいないので生き返った訳ではありませんが。

あの傷で立ち上がれるとは、まさか思いませんでした。

様々な思いから強烈にアドレナリンが分泌されるとそういうこともあるのでしょうか。

 

でもいずれにしてもレウウィスを倒せてよかった。

総力戦で掴んだ勝利でした。

 

閃光弾炸裂のシーンはビックリしました。

1ページ真っ白・・・

こんな描写は初めて見ました。

 


スポンサーリンク