1話から16話のあらすじはこちら
 

前回のあらすじ

 


スポンサーリンク


 

龍健組と王虎隊の取引現場。

目的の鞄を奪うように強制された恭一と鳥栖。

 

二人は車で取引現場に突っ込んだ!

しかし両方の組の一斉射撃を受けて車は炎上!

 

そして爆発!

 

爆発寸前に逃げ出した二人。

崖を下り、森の中を逃げる。
 
 

そして取引現場には大型トラック2台で窪たちが乱入!

一瞬で制圧する。

 

その後、森の中を逃げる恭一と鳥栖の前に窪と手下たちが現れる。

 


 
 
ここから17話

 

 

窪は恭一の服を脱がせると、銃撃戦の時に受けたキズを治療する。


スポンサーリンク


 

治療が済むと窪は、恭一に取引現場を襲わせるよう指示したのは自分だと告げる。

ミスした上に、指示に従わなかったため。

 

鳥栖が一緒とは聞いていなかった模様。

現場を見られた以上、口を封じなければならないと、鳥栖に銃口を向ける窪。

このままあの世に行くか、仕事をするか選べと言う。

 

鳥栖は当然仕事を選択するが・・・

 

その仕事とはカメラの前で、し体(龍健組か王虎隊のもの)をチェンソーで解体するというもの。

これで今日の事は一切口外できなくなる。

 

鳥栖は合羽を着て、仕事を開始する。

 

 

6月21日水曜日
AM2:47

鳥栖、無事自宅に帰って来た。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク