子宮頸がん編1話はこちら

 
–原作141話(子宮頸がん編11話目・出産と手術)あらすじ

市川さん夫婦のマンション。

明日はマイさんの手術の日。

マイさんは自分の両親に電話を掛ける。

手術の時は来なくていい、と言っている。

切ったあとテッちゃんに、心配かけるだけだから・・・という。

 


スポンサーリンク


 

そして最後の妊婦姿を写真に撮ってくれとスマホを差し出す。

マイさん
「28週だからお腹もそんなに大きくないけどね・・・」

テッちゃん
「でもオレにはここまですごく長く感じたよ。」

ペルソナ。

サクラと倉崎が市川さん夫妻に手術の説明をしている。

・帝王切開はサクラと倉崎が行い、赤ちゃんが生まれた後の広汎子宮全摘術は医大の先生が行う。
(広汎子宮全摘術は熟練した技術が必要となるため。)

・ただし広汎子宮全摘術にもサクラと倉崎は入る予定。

・手術は6時間。

・術後は切除する範囲が大きいため、神経などにダメージを受ける。
そのため便秘になったり、排尿がうまくいかなくなったりする。

・術後はリンパ浮腫になる。
手術でリンパ節を切除することで、リンパ液が下半身にたまり、むくみが起こりやすくなる。
マッサージなどのケアで改善させていく。

続いて麻酔科医の船越から説明・

・赤ちゃんの影響を考えて、帝王切開は腰から下への腰椎麻酔で行う。

・その後、全身麻酔に切り替えて広汎子宮全摘術を行う。

病室に戻ったマイさん。

赤ちゃんにおっぱいをあげられるか心配している。

倉崎の説明

・手術後摘出したものは病理検査をする。

・結果が出るのは2週間後。


スポンサーリンク


・他の転移や浸潤がなければ治療は終了なので授乳は可能。

・もし転移していたら放射線治療や化学療法となるので、授乳はできない。

不安そうな顔をするマイさん。

小松が、おっぱいのことは赤ちゃんが生まれてから自分たちがサポートするから、

今は自分の体のことだけを考えて。

とアドバイス。


マイさんは手術室に入り、手術中のランプがついた!

廊下のベンチで待つテッちゃん。

そこにマイさんの両親が来た。

来なくていいといわれていたが、やはりいて立ってもいられずきてしまった・・

手術室。

帝王切開手術中。

赤ちゃんは無事生まれた。

きれいな女の子。

「ナナ・・」

と呼びかけるマイさん。

小さな赤ちゃんは今橋の手に渡され、口に挿管される。

そして赤ちゃんは手術室から運び出される。

テッちゃんとマイさんの両親は赤ちゃんを見て感動する。

赤ちゃんはNICUに移されることが説明される。

 

ここから全身麻酔に切り替えて広汎子宮全摘術に移る。

3日後、NICU。

マイさんは娘のナナちゃんに会いに来る。

ナナちゃんの体に触れて
「あは・・かわいいね、テッちゃん・・」

とほほ笑むマイさん。

テッちゃんも嬉しそう。

ナナちゃんは問題なく、落ち着いている。

マイさんの初乳も飲んだ。

マイさんも元気そう。

後は病理検査の結果だが・・・

マイさんはサクラの方を向き、

生きてこの子を育てたい、と泣く。

–141話ここまで

コウノドリ 142話へ続く

○感想

とりあえず出産と手術が無事終わってほっとしました。

病理検査の結果が無事であってほしい!


スポンサーリンク