ヒロアカ ネタバレ 199話

  

今回の冒頭はホークスについて。

その異名、速すぎる男の通り、ホークスは仕事が速い!

 


スポンサーリンク


 

事件が起き、他のヒーローが到着するころには事件は解決してしまっている。

それはそう。

彼は飛べるから。

勿論それだけではないのだが、とにかく仕事が速いのだ。

だから他のヒーローたちがすることといったら大抵事後処理。

 

常闇の職場体験はひたすらホークスが治めた事件事故のの後処理だった。

ではなぜホークスは常闇に声をかけたのか。

それは鳥仲間だから。

というのは半分本当。

もう半分は1年A組の人からUSJ襲撃事件の詳細を聞きたかったからだと言う。

 

そしてインターンではホークスは再び常闇を受け入れた。

また話を聞くために呼ばれたのかと思い、悔しさから頑張る常闇。

ホークスは常闇の何かに興味を持っている。

一日が終わった後、ホークスは常闇を抱えて空を飛んだ。

 

初めて空を飛び、感激する常闇。

ホークスが常闇を呼ぶ理由は実はもう一つあった。


スポンサーリンク


鳥仲間のよしみというのもあるが、飛べる奴は飛ぶべきだと話すホークス。

弱点の近距離カバーもいいけど、得意を伸ばすことも大切。

空を飛べば、ものごとを俯瞰してみることができる。

それを伝えたかったという。

 

 

そして現在。

黒色支配に対して黒の堕天使で挑む常闇。

 

黒色は影の中を移動!

配管まみれのステージ。

居場所の特定はほぼ不可能!!

 

黒色が常闇を宿敵と呼び、挑発していたのは実は精神的トラップだった。

” 陰謀ヒーロー ベンタブラック ”

それが黒色のやり方!

 

青山の背後に忍び寄り、一瞬で青山を連れ去る黒色!

せまく複雑なステージを高速で移動する黒色。

A組が追いつく術はない!?

かと思われたがここで常闇の

ダークシャドウ 黒の堕天使 が発動!!

 

常闇が飛んだ!!

ダークシャドウは常に浮遊状態。

そのダークシャドウに自らを抱えさせて空中を移動するのだ!!

常闇はホークスに感謝!!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク