ルーカス&ユウゴ VS アンドリューの部隊残り3人 の銃撃戦が続いている。

 


スポンサーリンク


 

アンドリューは思わぬ苦戦に舌打ちする。

食用児風情が・・・!

 

アンドリューは考える。

おかしい。

あの二人は妙に腕が立つ。

動きがいい。

本当に農園育ちか?

子供ではないし、今何歳だ?

まさか・・・

15年前のグローリー=ベル脱走者がまだ生き残っていたのか?

 

しかしアンドリューはようやく敵が二人だという事に気づいた。

しかもそのうちの一人は片腕で足を引きずっている。

こんな連中に5人もやられるとは・・・

だがもはや手の内は判った。

もう奇襲は受けない。

(追い詰めてやる!!)

 

手下二人に指示を出すアンドリュー。

二人を挟み込んだ!!

 

ユウゴとルーカスは突破するしかない!

銃を打ちながら前進!!

 

敵も引きながら応戦してくる!

ここでアンドリューが手りゅう弾を投げてきた!

 

ゴッ

 


スポンサーリンク


地下通路の天井が崩れてユウゴに覆いかぶさる!!

動かなくなったユウゴに敵が確認のために近づく。

そこをユウゴが相手のスキをついて仕留めた!

 

ユウゴがルーカスを抱えて走る!

背後から撃たれるのを拳銃で応戦しながらの退避だったが、拳銃が弾切れ!!

 

走りながらユウゴはルーカスに呼びかける。

このまま奴らを蹴散らして非常路から二人で・・・

 

しかしルーカスは内臓をやられたのでもうだめだという。

足も動かない。

 

自分を置いて行けというルーカス。

このままではユウゴまでやられてしまう。

 

ユウゴは バカ言え。 という。

13年前にお前を置いて逃げて、どれだけ後悔したか。

「お前1人しなす気も俺一人生き残る気もない。

生きるにも、しぬにも、俺たちは最期まで一緒だ。

もう二度と一人になんてしない。」

 

二人の気持ちは少年の頃に戻っていた・・・

「さあ、残る敵はあと2人!

迎え撃つぞ。」」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク