トーマンの幹部集会。

議題はタケミチと八戒の4日前の騒動。

 


スポンサーリンク


 

タケミチがブラックドラゴンのアタマにボコられた。

タケミチがトーマンの壱番隊長と知っての暴挙。

ドラケン
「つまりこれはブラックドラゴンの宣戦布告だ。」

 

河田は笑顔で

舐めやがって

やっちまおうぜ

武藤
「ブラックドラゴンなんて一回ぶっ潰したチームだ。

余裕だろ。」

三ツ谷は

潰したのは九代目。

十代目は別物だ。

と冷静。

 

河田は

なぜ八戒はタケミチをブラックドラゴンのシマに連れて行ったのかを聞く。

武藤が八戒に

てめえ、ブラックドラゴンの回し者なんじゃねえのか?

と詰め寄る。

総長の弟だし。

それを隠してやがった。

 

タケミチが


スポンサーリンク


「ちょっと待ってください。

八戒はそんなつもりじゃ・・」

と口をはさむが武藤に黙ってろと言われてしまう。

 

タケミチは2日前に、千冬と八戒を辞めさせないための作戦を練っていた。

八戒がやめたらタケミチが見た未来につながってしまうから。

 

八戒は膝をつき、頭を下げる。

言い訳するつもりはねえ。

煮るなり焼くなり好きにしろ。

奴と兄弟である時点で、その覚悟はしている。

だから総長!!

「東京卍會

弐番隊副隊長

柴八戒

本日をもってトーマンを辞めさせていただきます!!」

 

マイキー
「・・・・

それでいいのか?」

 

他の幹部は何も言わない。

ここでタケミチが

「ちょっと待ったぁあ!!」

と叫んで立ち上がった!!

「異議アリです!」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク