大阪大会決勝。

6回表、DLの攻撃。

スコアはDL 1-3 快苑

 


スポンサーリンク


 

5回裏が終わった時点で球場整備の仕切り直し。

リードしてたらいい休憩だが、DLは檜がピンチをしのいで流れを掴みかけているところ。

5分間も水差されたら勢いがそがれる!

 

しかし6回には絶対1点でも返すという気合が凄いDLの選手たち!!

みんなで天高くバットを掲げて

「嗚呼DL 永遠の学園!!

永久(とこしえ)に栄光の道進むなり!!」

 

全員で揃って素振り!!

 

 

快苑の方は・・・

笛吹と万年はキャッチボール。

唐松は素振りをしながら話す。

 

笛吹
「予想通り。

春とはまるで別チーム。

リードしてるのにこの圧迫感。

一人一人打席で放つ雰囲気で息上がるわ・・・

たった4か月でこの伸び方・・・

雑草にもほどがある・・・」


スポンサーリンク


 

唐松
「雑草にもいろいろあるやろ。

野原で育つ雑草もあれば

アスファルトの隙間に根を張る雑草もある。

DLは焼け野原の雑草。

他とは生命力が桁違いや。」

笛吹
「うまい事言うな、カラちゃん!!」

 

ほな万年、俺たちは?

と笛吹に振られた万年の答えは・・・

「除草剤。」

 

最早草でもない!!

 

万年は厳しい表情。

6回表、DLは1番からの好打順。

着火剤の狩野を出したら一気に燃え広がる。

「気ぃ締めなやられるぞ。

マウンドで炎上して火だるまになりたいか?」

 

万年に怒られた笛吹は渋い顔。

 

万年は続ける。

さっき狩野と話した・・・・

決意に満ちた背中越しに、今日までの茨の道を垣間見た。

” 甲子園ってどんな匂い? ”

その言葉に恐怖を感じた・・・

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク