タケミチのタイムリープの能力についてナオトが見解を述べる。

2017年の7月4日から2005年の7月4日にタイムリープしたことから、12年前の同じ日に戻ることができる。

 


スポンサーリンク


 

そこから二日間、タケミチはナオトの部屋に監禁されて事件と東京卍會の知識を叩き込まれた。

橘ヒナタは2017年7月1日に東京卍會の抗争に巻き込まれてしぼう。

祭の最中に屋台を狙ってトラックが突っ込んだのに巻き込まれた。

26歳だった。

 

続いて東京卍會について。

ナオトは組織犯罪課の刑事。

内部事情をよく知っている。

 

タケミチは12年前の今日にしか行けない。

ヒナタがしんだ日に戻ってヒナタが祭に行くのを止めることができれば救うことができるが・・

12年待ってその1日のチャンスにかけるのはリスクが大きすぎる。

「今できることをする!」

とナオトは言う。

 

今できることとは・・・

12年前に戻ってトーマンの2トップ

佐野万次郎と稀咲鉄太に会うこと。

 

この二人が出会わなければ、今の東京卍會は存在しなかった。

つまり、ヒナタが巻き込まれてしぬこともなくなる。

タケミチのミッションは

中学時代に戻り、その二人が出会うのを止めること!!

佐野と稀咲は2005年の8月に出会っている。

どちらか一方に接触して行動を共にし、出会いを止める!

 

タイムリープの引き金は、ナオトとタケミチの握手!

 

タイムリープしたタケミチは見知らぬ男とケンカの最中だった。

そして周りを不良たちがギャラリーのように取り囲んでいる。

携帯を取り出して日付を確認するタケミチ。

2005年の7月6日。

ナオトの言った通り!

 

そして喧嘩は賭け試合!!

タケミチは1発でKOされる。

 

喧嘩賭博の胴元は清水将貴。

渋谷三中のトップ!

タケミチは簡単にやられてしまったのでヤキを入れられる

 

タケミチは思い出した。


スポンサーリンク


たしかに自分の中学時代は無理矢理喧嘩させられてヤキ入れられる生き地獄の毎日だった。

だから逃げたのだった。

 

タケミチは起き上がって清水に

佐野か稀咲に会いたいと話す。

すると清水はタケミチをバットでボコボコにした。

そして、

「次に佐野君の名前を出したらころすぞ。」

と脅された。

 

恐怖で震え上がるタケミチ。

すぐにナオトと握手して2017年に帰ろうと、ナオトの家に行く。

 

すると玄関の前でヒナタと会った。

ヒナタはまた殴られて腫れているタケミチの顔を見て

「ヒナも男の子だったら、花垣君のこと守ってあげる。」

という。

空手をやってたから腕っぷしには自信があるらしい・・・

 

タケミチ
「そしたらさ・・・

オレもヒナのこと守る!」

 

タケミチが初めてヒナと呼んだ瞬間だった。

 

「守るのはヒナの方!」

と言って笑うヒナ。

 

タケミチは帰りながら、ヒナのことを守ると心に誓うのだった。

 

翌日、喧嘩賭博のファイターにタケミチの幼馴染、タクヤがなった。

タクヤは体が弱いし、喧嘩は得意じゃない。

タケミチはじめ、仲間は心配するが、仕方がない。

変わってやることも出来ない。

 

ギャラリーも大勢集まり、いよいよタクヤのファイトが始まろうかという時

 

ちょっと待った!

 

とタケミチが前に出た!

仲間を守るという強い意志がある!!

 

タケミチは

たまには変わった趣向でいこうと提案する。

「キング VS 奴隷。

キヨマサ先輩。

タイマン買ってくれよ。」

 

清水はタケミチを睨みつける!

 

タケミチは、もう逃げないと自分に言い聞かせる。

 

02話ここまで。

 

〇感想

2005年の7月6日に戻ってきました。

ヒナや、仲間を守ると心に決めたタケミチ。

ここから奮闘が始まります!!

 


スポンサーリンク