結局タケミチはヒナに金属バットでボコボコにされた。

エマはドラケンにやきもちを妬かせたかったらしい。

 


スポンサーリンク


 

集会が始まった。

議題は愛美愛主(メビウス)の件。

愛美愛主は大きな組織。

ぶつかれば大きな抗争になる。

しかしタケミチはメビウスの件はナオトから聞いていなかった。

 

詳しい説明は三ツ谷から。

メビウスは三ツ谷たちの二つ上の世代で新宿を仕切っている暴走族。

メビウスの頭は長内という男。

ちょっとしたことでパーの親友ともめた。

パーの親友はメビウスに袋叩きにされて

更に目の前で彼女をまわされて

親兄弟吊るされて

金を巻き上げられた。

で、藁にも縋る思いでパーに相談してきた。


スポンサーリンク


 

マイキーはパーにメビウスを潰すかどうか聞く。

パーは皆に迷惑をかけると言って、遠慮して答えを濁す。

でも悔しいという。

 

マイキーはそんな事は聞いていないと言い、

「ヤんの?ヤんねえの?」

 

パーは叫ぶ!

「ヤりてえよ!!

ぶっころしてやりてえよ!!」

 

これで決まり!

マイキー
「メビウス潰すぞ!!」

 

全員士気が高い!!

 

マイキー
「8月3日

武蔵祭が決戦だ。」

 

8月3日はドラケンがしぬ日。

 

11話ここまで。

 

〇感想

ナオトの情報になかったものが出てきました。

戦う相手がメビウスだという件。

トーマンの内部抗争だったはず。

ここから状況がどう変わってくのでしょうか。


スポンサーリンク