三ツ谷と別れて、二人で話すタケミチと千冬。

タケミチが千冬に話す。

「現代(みらい)に帰ろうと思んだ。」

 


スポンサーリンク


 

千冬は 何で?

と不思議そうに言う。

八戒はブラックドラゴンに入ってしまったし、何も達成できていないのに。

 

タケミチは、

八戒は大寿の暴力から柚葉を守る為に大寿をころしたのなら、

三ツ谷が大寿から柚葉を解放した今、八戒に大寿をころす理由はなくなった。

だから未来は変わっているんじゃないかと言うのだ。

 

千冬は少し考えてから話す。

それは確かにそうかもしれない。

しかし変わってなかった場合は困ったことになる。

未来のお前は獄中にいるはず。

それだとナオトと握手できないかもしれない。

つまり、いま未来に返ったら、もう戻って来れない可能性がある。

それではリスクが高すぎる。

 

「それに柚葉ちゃんを解放したのは三ツ谷君だ。

オマエじゃない。

オマエが何も変えていない以上、未来が変わってるワケないだろ?」

 

そこに八戒が来た。

2人を探していたようだ。


スポンサーリンク


 

八戒は

「俺がお礼言ってたって、タカちゃんに伝えてくれる?」

と言って、話し始めた。

「ウチの家庭複雑でさ・・・

父子家庭な上に、ガキの頃から親父はほとんど家にいなかった。

だから家庭を仕切ってたのは一番上の大寿だった。

あいつは子供の頃から ” 王 ” だった。

人より体がデカく、単純に力が強かったってのもあるけど、何より人の心を掴む術に長けていた。

取り巻きの奴らはみんな大寿に惚れていた。」

 

「大寿は暴力を使うのがうまかった。」

と話す八戒。

中途半端な暴力は振るわない。

やるならとことん。

それは柚葉や八戒に対しても同じだった。

 

 

八戒が小学生、大寿が中学生くらいの頃・・

大寿が八戒を立てなくなるまで殴った。

横たわっている八戒に大寿が話す。

「起きろ八戒。

オレはお前を殴りたいワケじゃない。

誰よりもオマエに目をかけて、誰よりも心を許している。

だから期待を裏切られた時に余計に辛いんだ。

愛してるぞ、八戒。」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク