青道野球部の全体会議。

渡辺が由良総合の2回戦(対中央杉内戦)について、ビデオを見せながら説明する。

 


スポンサーリンク


 

6回から出てきたエース東山が杉内打線を6人でピシャリ。

13対2で7回コールド。

「これで、初戦の相手は由良総合工科に決まりました。」

 

選手たちの顔が戦闘モードになる。

 

渡辺が続ける。

2試合連続のコールド勝ちで打線は勢いづいている。

スクイズにエンドラン。

ほとんどを1球で決めて、効率よく得点を挙げているのが印象的だった。
(点数は各回 1 0 2 2 3 1 4)

 

速球派エース東山と、この試合でも3打点を挙げた4番・千田。

警戒すべきはこの二人。

ただ、青道としては2試合分しっかり見ることができたので、打者の特徴は掴みやすくなった。

 

御幸
「あとで一人づつチェックだな。」

 

片岡監督
「サインプレーの成功率に、エースを押さえに回す継投策。

何より先に2勝を挙げ勢いがある。

決して油断できない相手だぞ。」

 

落合コーチ
(そして両チームの監督は師弟関係。

互いに手の内を知り尽くしている。)

 

片岡監督
「その上で・・

明後日の先発だが・・・

沢村。お前に任せる!」

沢村「はい!」

 

片岡監督
「二日後の4回戦は降谷、お前で行く。

それから川上に金田。

どこが相手だろうと初回からブルペンに入っておいてくれ。

負けたら終わりのトーナメントだ。

グラウンドにいる選手だけでなく、ベンチも常に最善の手を準備しておこう。」


スポンサーリンク


 

御幸は、

投手4人の役割をハッキリさせたのは、

それぞれに気持ちが作りやすくていい

と感じていた。

 

沢村は、片岡監督がノートに書いてくれたことを思い出していた。

” これまでやって来た事をマウンドで出してほしい ”

 

沢村は片岡監督の横顔を気合の入りまくった顔で見つめている。
 

そんな沢村を、横から心配そうに見ている落合コーチ。

(全国制覇への第一歩。

この夏の初陣。

はじめてのエースナンバーに、初めての先発。

初モノ尽くしの沢村先発が悪い方に転がらなければいいが・・・)

 

 

由良総合の部室では、榊監督が春大の青道-市大三高戦を見ていた。

知り合いから手に入れたらしい。

白龍との試合も手に入れたと言っている。

 

後ろから見ている野球部長(らしき人)が呆れる。

今日試合終わったばかりなのに、もう次の試合・・・

顔の広さもすごい・・

 

榊監督は話す。

4回戦も見たが、降谷はセンバツとは別人。

故障も考えられるが、調子を崩しているのは間違いない。

代わってエースになったのが沢村栄純。

去年の秋に見た時もいい投手だと思ったが、また違うレベルに成長している。

勝負に飢えている目がいい。

ただ、降谷が騒がれたセンバツから僅か3か月。

チームに急激な変化が起きたという事は、つけ入る隙も多いという事。

「疼いてきやがったぜ。

勝負師の血がよぉ・・・」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク